甘いのに毒がある。ラズベリーピンクのポイント使いで垢抜け&透明感ピンクメイク

メイクアップ
いいね! 0件

秋らしいベリーカラーでどこか毒があるフェミニニティを狙って。「MAQUIA」10月号から、中山友恵さん発・甘さを抑えたピンクメイクを紹介。

Image title

甘いのに、どこか毒がある。そんなフェミニニティを狙って


中山友恵さんが考える秋顔
“成熟した余裕からくる女性らしい強さとしなやかさ”

自分が似合うもの、求めているものをきちんと理解している……そんな、足し引きバランスが上手な女性がこの秋の理想。トレンドを取り入れる自由さはありながら、メイクもファッションも着崩さず、オーセンティックなスタイルをベースにすることで、大人っぽさや上質さをキープできます。


センシュアルなラズベリーピンクEYE×ピュアなピンクLIP

A 温かみを感じさせる、ガーネット×フォギーピンクの組み合わせ。デザイニング カラー アイズ 107 ¥6800/SUQQU(限定色) 


センシュアルなラズベリーピンクEYE×ピュアなピンクLIP

B ニュアンス程度に赤みを感じさせる色み。アトモスフェリックディフィニションマスカラ 01 ¥4000/THREE


センシュアルなラズベリーピンクEYE×ピュアなピンクLIP

C とろけるようなテクスチャー。甘さのあるパーリーピンク。ルージュ ヴォリュプテ シャイン 62 ¥4100/イヴ・サンローラン・ボーテ(限定色)

EYE 目のキワ以外のアイホールにA-1を。目のキワを抜くことでピンクシャドウもはれぼったくならず、垢抜けた印象。下まぶたの黒目下にA-2をポイント塗り。上下のまつ毛にはBを。赤み系のマスカラは、瞳を明るく見せる効果が。

LIP ツヤをまとう程度に、Cを直塗り。

CHEEK ピンクチークを下めに広げ、甘さを演出。


Nakayama's voice

ひとつ間違うと野暮ったくなってしまうピンクメイクは、秋らしいベリーカラーをポイント使いしながら、甘さを抑えて垢抜けた表情に。さらに、黒やブラウンでピンクの目元を濁らせないことで、透明感を引き出すことが難なく叶う。

MAQUIA10月号


撮影/三瓶康友(モデル) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク /中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/高垣鮎美〈LOVABLE〉 モデル/比留川 游 取材・文/ 野崎千衣子 谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN