カラコンには頼らない!瞳の色を明るく見せれば、誰でも"北欧系ハーフ顔"メイク

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」12月号では、ポイントを抑えるだけでハーフ顔になれるメイク方法をプロに聞きました!潤みシルバーがポイント。

Image title

瞳の色を明るく見せる

北欧系ハーフ顔はこうして作る

メイクっぽさを感じさせず、あたかも“生まれつき”風の仕上がりが目標。実は簡単にできちゃうハウツーを、パーツごとに大公開!


[EYE]

瞳の色を明るく見せる
シルバー×赤茶がカギ

ハーフの人や外国の人の瞳の薄さに近づくために、カラコンはもう必要なし! 実は、アイカラーはまぶたを色づかせるだけでなく、その色の効果で瞳の印象までも変えることができる。今回は黒を使わず、透けるツヤと赤みだけでまとめることで、クリアで色素の薄い眼差しを再現。

Image title

A  アイ & フェイスカラー S S001 ¥1200、カラー ケース ¥800/アナ スイ コスメティックス 
B  ザ アイシャドウ ラ・マムーニア ¥2000/アディクション ビューティ 
C
  メズモライジング パフォーマンス アイライナーペンシル 04 ¥3000/THREE 
D  
マスカラ ディオールショウ デザイナー698 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール


Image title

まぶたに透明感を出す
グレイッシュでツヤ感のあるシルバーのAを、アイホールにブラシでふんわりのせる。


Image title

目頭にハイライトをのせる

Aを指先で目頭にのせ、実際に外国の人の目のように、白く抜けたポイントを作って。


Image title

赤茶でキワを引き締める

瞳が近くの色を拾いやすいため、黒でなくBを上まつ毛のキワにブラシで長めに引く。


Image title

下粘膜に潤みをプラス

目の下からレフ板をあてるイメージで、下まぶたの粘膜にCのピンクのツヤをプラス。


Image title

まつ毛も赤茶に染めて

Dの赤茶のマスカラで根元はたっぷりと、先端は細くなるように上まつ毛だけに塗る。


Image title

Finish!

メイクで作ったような印象を感じさせない、リアルな色素の薄い目元が完成。瞳の色もパッと明るく華やぐ。


MAQUIA12月号

撮影/木下治子(モデル) 亀田 亮(物) ヘア&メイク/中山友恵〈Three PEACE〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/藤野有理 構成・文/森山和子 企画/芹澤美希(MAQUIA)



【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN