人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

「角とり眉メイク」でやさしげに! メイクのポイントをていねい解説

メイクアップ

「MAQUIA」12月号では、やさしさ印象に効く「角とりメイク」をご紹介。今回は、メイクで最も「角」がつきやすい「眉」にクローズアップ!

Image title

好かれる顔になりたい人は必見

やさしさ印象に効く「角とりメイク」してみない?
気合を入れてきれいにメイクしようとすると、現れるメイクの“角”。性格に“角”があると気難しく思えるように、顔も“角”があるとなんだか近寄りがたい印象に。そんな“角”をとって好かれ顔へ導く、とっておきのレッスン。
Image title


Image title

似合う眉色を自在に作れるパレット
ヴィセ リシェ
アイブロウパウダー
BR-2

肌になじむ絶妙な濃淡3色で、しっくりくる眉を作る名品。リーズナブルながらも美容液を配合しフィット。¥1100(編集部調べ)/コーセー


Lesson 1 :角とり眉メイク
角度をつけすぎない、眉山を強調しすぎない、眉頭を濃くしすぎない。この3つが眉の角をとるコツ。

Image title

1 眉の底をストレートに整え、角度を緩和
自分の瞳の色になじむパウダー(今回はABを混ぜる)を取り、眉の底を埋めていくイメージ。眉下がストレートになると、眉全体の印象がフラットに。


Image title

2 眉山はあえて描かず、中央をしっかり埋める
眉山の上部分は描かず、真ん中部分を埋めるとなだらかな眉に。自分の眉色になじむ色(今回は1と同様)で、眉山から眉尻まで角度をつけず描いて。


Image title

3 眉頭は淡色でふんわりが理想的
“描いた感”を強調してしまう眉頭は、ニュアンス程度に色をぼかすのが正解。パレットの淡い色Cを大きめのブラシに取り、眉頭にふんわりのせる。

Image title



MAQUIA 12月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/後藤仁子(モデル) モデル/絵美里 イラスト/沼田光太郎 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/火箱奈央(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

眉メイクの記事をもっと見る

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN