レンガ色で骨格強調! KUBOKI流“ワントーン小顔”のつくりかた

メイクアップ

「MAQUIA」3月号では、ヘアメイク・KUBOKIさんが小顔を作り出すためのメソッドを大公開。ベージュの濃淡を取り入れたワントーンメイクで、自分史上最高の小顔に!

Image title

女優ご指名アーティストの
神ワザ小顔テクニック


小顔を意識したメイクが
美人ヘの近道だと判明!

生まれ持った骨格を受け入れながらも、少しでも小さく、細く、彫り深になりたいと切に思うのが女心。ここ数年、海外で人気の“コントゥアリング”の後押しもあり、さらに過熱している小顔ブーム。これまでの小顔メイクとは何か変わりましたか?

千吉良さん(以下・千)ひと昔前の小顔メイクでは、いかにも「影を作ります!」 といった暗く濃い色のシェーディングアイテムがほとんどで、テクニックのない人がやると“やってます感”がバレバレで、高度な技術が必要でした。でもここ最近では、肌なじみがよく、濃淡や明暗のバリエも豊富で、シェーディングを感じさせない優秀なアイテムがいっぱい。

岡野さん(以下・岡)今ではベースメイクの延長線上にあり、とても身近な存在になったと思います。雑誌はもちろん、テレビや広告、ショーなど、どんな現場でも小顔テクは必ず取り入れています。私の場合、肌はしなやかさとシャープさ、目元や口元には丸みと立体感など、相反する掛け合わせで作る小顔が最近の気分です。

KUBOKIさん(以下・K)小顔メイクは女っぽい丸みも顔の余白とみなして削ぎ落とすため、どうしても骨格感が目立つ男性的な表情になりがちに。だけど肌と同系色の濃淡コスメを投入すれば、女性らしさを損なわずに、自然と骨格が引き締まり、パーツにもメリハリ感が生まれます。

千 今回はシェーディングを使わずに、ツヤ系アイテムで立体感を足すだけ! そうすることで何も塗っていない顔の側面は影となり、自然と存在感が消えて輪郭が小さく。そこに鮮烈な赤リップで視線を集めれば、小顔メイクとはバレずに、リップを主役としたトレンドメイクに早変わり(笑)。このテクニックは女優さんやタレントさんからのウケも抜群。

岡 小顔メイクは顔の輪郭や骨格に光や影で印象操作をすることはもちろん、ポイントメイクもかなり重要。パーツを大きく見せて顔の余白を埋める、その逆で存在を消して一体化させるなど、小顔メイクといってもセオリーはいろいろ。

K 結局、肌がきれいな人は美人に見えるのと同じように、骨格も整っている人のほうが美しく見えると思うんです。“美肌は一日にしてならず”ですが、“小顔はやったもん勝ち!” すぐに結果が出るのだから、やらない手はない! 自分の努力次第で憧れの小顔は手に入るんです。

千 これからはリップを塗るような感覚で、小顔メイクも当たり前になれば、今よりももっと自分の顔に自信がつき、メイクもきっと楽しくなるはず。

Image title

可愛いけどなんかぼんやり…

顔全体にまんべんなくツヤがあり、上品と清潔感を兼ね備えた雰囲気。だけど……、どことなくのっぺりとしていてメリハリ感がない。


ワントーン小顔

肌の延長線上にあるような色のコントラストで、輪郭の縮小&パーツの凹凸感を強調。そこに赤のニュアンスを足せば、ほのかな血色と色っぽさを感じるセンシュアルな小顔に。


KUBOKI
男性目線で女性の色気を引き出すメイクテクの持ち主。その人気は女性だけにとどまらず、男性アーティストからの支持も熱い。近著『男の美容武装』(ワニブックス)が好評発売中。


これぞKUBOKI流
3種の神器

Image title

「小顔メイクは人に気づかれてしまったら、ちょっと恥ずかしい……。だからこそスキントーンで作れば、バレないうえ失敗もしにくい。NARSのスティックFDはいつもより2トーン暗めを。肌にすうっとなじみ、彫り深な目元を作るのに最適なルナソルのアイブロウパレット。アディクションのくすみがかったオレンジチークは、頬に血色感と引き締め&引き上げ効果が両得できる万能カラー」

Image title

メイク感がなく軽やか!
ベージュトーンの骨格補整で
自分史上最高の小顔に

―By KUBOKI

【ベースで小顔】

フェイスラインに「3の字」を
こめかみ上から頬骨下で折り返し、アゴ先に向かって「3の字」を。外側に塗り広げる。

ソフトマットな仕上がりでヘルシー肌。NARS ベルベットマットファンデーションスティック 6550 ¥5400/NARS JAPAN

マットな質感で
自然な影を作る

ブラシにパウダーをとり、眉上のおでこやまぶた、鼻筋横、アゴ先のツヤを消し影を。

不要なツヤを払拭。マット仕立てのクリアベージュ。ステイ マット シアー プレスト パウダー 101 ¥3800/クリニーク

「Mの字」の影を仕込んで
くぼみを強調させる

aのパウダーをブラシにつける。アイホール上から鼻筋を通って「Mの字」を描いて彫り深に。

ベージュで目元の陰影を。ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4200/カネボウ化粧品

逆三角形ハイライトで光を
目の下からほうれい線にかけた逆三角形にハイライトで、顔中心部分の印象を強める。

にごりのないクリアな光沢ピンク。アスタリフト フラロッソ ルーチ ハイライター¥3800/富士フイルム(2月21日発売)

【メイクで小顔】

眉の横幅を出して
余白を少なく

リキッドで眉尻の毛を2本分描き足して眉の横幅を出す。肌の面積を縮小させて。

自然な印象の眉に。ブラウン。エスプリーク Wアイブロウ(リキッド&パウダー)BR300 ¥2100(編集部調べ)/コーセー

上下グラデで
目元の横幅強調

アイホールと下まぶた広めにa、二重幅と下まぶたキワにbを。上下グラデで立体感を。

肌に溶け込み女性らしさが増す赤みブラウンの組み合わせ。ルナソル マカロングロウアイズ 03 ¥5000/カネボウ化粧品

引き上げチークですっきりと
シャープな印象に

頬骨の高い位置から上に向かって「Jの字」チークをひと刷毛。「3の字」の影とつなげるように。

ノンパールのサンドオレンジでリフトアップ。ザ ブラッシュ 010 ¥2800/アディクション ビューティ

オーバーリップで
ぷっくり唇

唇全体にリップを塗ってから、リップライナーで丸みを強調したオーバーラインを。

(右)素肌を引き立てるヌードベージュ。ルージュ・ジバンシイ・マット 110 ¥4600/パルファム ジバンシイ
(左)肌となじみながら輪郭を強調。ピンクベージュ。リップライナー 70 ¥3300/イヴ・サンローラン・ボーテ


MAQUIA3月号

撮影/ 菊地泰久〈vale.〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/泉 里香 取材・文/佐藤 梓 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN