鈴木福、芦田愛菜が吹き替え版を担当! 世界中で愛される名作アニメ『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』【松山 梢の女っぷり向上シネマ】

ライフ
いいね! 1件

生誕65周年! 世界中で愛されているスヌーピーが初めて3Dアニメーションとして映画化された話題作。チャーミングな世界観に隠された、大人にこそ刺さるメッセージに注目を。

モテるための極意を

教えてくれる

愛にあふれた物語

Image title

★今回のおすすめ新作映画★

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』

監督/スティーブ・マティノ 日本語吹き替え版/鈴木福、芦田愛菜、小林星蘭、谷花音 配給:20世紀フォックス映画 公開/12月4日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー © 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. PEANUTS © Peanuts Worldwide LLC

<ストーリー>

やることなすことうまくいかない不器用な少年、チャーリー・ブラウンは、転校してきた赤毛の女の子にひと目惚れ。彼女に話しかけたいと思いつつも、なかなか勇気を出すことができない。一方、彼の飼い犬のスヌーピーは伝説のパイロット“フライング・エース”になりきり、空想の中でダイナミックなアドベンチャーを繰り広げていた…。


原作のタッチを

生かした

まったく新しい3D

Image title

【松山 梢の女子ツボPOINT!】

今年は原作者のチャールズ・M・シュルツがコミック「ピーナッツ」の連載をアメリカの新聞紙上で開始してから65周年。みんな大好きなスヌーピーが3D映画として登場です。しかもここ最近のアニメにありがちな実写のようなリアルな映像ではなく、手描きの原作を生かした温かみのあるタッチ。さらにパソコンも携帯電話もスマートフォンも登場しない1980年代を舞台にするなど、世界観に徹底的にこだわったそう。

さて、肝心の中身ですが、基本はチャーリー・ブラウンの初恋にまつわるストーリーとスヌーピーの空想が並行して描かれます。特に注目なのがチャーリー・ブラウンのパート。これが本当に子供向けなの?と疑ってしまう思うほど、なんとも切ないエピソードが満載なんです…。


愛すべきダメキャラ

チャーリー・ブラウンから学ぶことは… >>

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN