松本千登世さんと神崎恵さんが分析する「色気の正体」

ライフ
いいね! 0件

「MAQUIA」8月号から、松本千登世さんと神崎恵さんの往復書簡を交えた色気論を公開します。

Image title

2大女性観察の名手
松本千登世・神崎 恵が分析する
女だからこそ身につけておきたい

「色気の正体」

人気アーティストが生み出す女性像に、センシュアルや色っぽいという言葉が当たり前に登場するようになって早3年、今では色気がある=魅力的な女性を謳う代名詞に。そんな主役に躍り出た“色気”の正体を、多くの女性たちを考察し続ける松本千登世さんと神崎恵さんが往復書簡を交え、それぞれの視点で、今の気分にふさわしい色気論を語ります。


マキア編集部からおふたりへ

Q 「なぜ今、色気が求められていると思いますか?」

A それはエロっぽい? 色っぽい?意識も精度も上がった、色気という魅力

色気の「精度」が上がった。最近の色気の変遷を見てそう確信しています。ひと昔前の色気が、夜のしっとり感が似合う人だったとしたら、次第に夕刻の高揚感が似合う人へ、やがて昼間の光を浴びるヘルシーな人へとシフト。

そして今……。朝のクリアな光を纏う透明感のある女性へ。色気がもはや、異性にとってだけのものじゃなく、同性にとっても不可欠な魅力になったのは、そのためではないでしょうか?

以前、あるカメラマンに「色気の本質は、ね、エロっぽいじゃなくて色っぽいなんだよ」と言われたことがあります。エロっぽいは、会うほどに興味が薄れること。色っぽいは、会うほどに知りたくなること。だから、色っぽいを目指さなくちゃ、と。私たちが美の高みを目指すうち、意識の中で、エロっぽいより色っぽいを確かに求め始めた。大人に、丁寧や本物に宿る色気を。精度が高まったのはその証拠に違いありません。 from千登世


A 女であることを謳歌し、色気を楽しめる女性こそ、魅力的で目指すべき美しさを持っている

「色気」を認め、「女という生き方」を楽しめる時代がやっときたと感じています。体の曲線や肌の生っぽさ、声のまろやかさや温もりのある包容力。女だけがもつことができる美しさ。けれど、それを表に出すことが「媚び」とされてきた長い時間。「女のにおい」をうっすらでも感じさせようものなら、女の世界からはじきだされ、嫌悪感という眼差しに刺されつづけなければならなかった。

けれど今、胸を張って「女」を楽しめる女がカッコイイ。男からだって愛される女がカッコイイ。やわらかなバストや肉感的な唇、清らかな素肌に潤んだ髪。女の特権を潔く魅せつける。本当は気がついていたこと。本当は心の奥でずっとそうでありたいと焦がれていたこと。「女なのだから、女を楽しんでなにが悪い」。その思いを解放できるときがようやく来てくれたことを嬉しく思います。きっとこれからの女はもっともっと美しくなる。だれに何を言われようと、女である自分を最大限に美しく魅せ、謳歌する。
そんな凛々しさと自信こそが色気の正体だと思う。男はもちろん、女までも惚れる「色気のある」女。これこそ今わたしたちが目指すべき「美しさ」だと思う。 from恵


MAQUIA8月号

撮影/增田勝行〈SIGNO〉 ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/泉 里香 構成・文/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN