新生活のストレスは美の大敵! 美食材でつくる【じゃことピーマンと大豆の焼きご飯】

ライフ
いいね! 1件

「MAQUIA」5月号に掲載中の「星谷菜々の美に効くおいしいひとさら」から、自律神経を整えストレス解消効果のある、じゃことピーマンを使ったレシピを紹介します。体の中からも美人を底上げ♡

Image title

自律神経を整え、ストレス解消も!

今月の美コンビ食材

 じゃこ × ピーマン 

いわしの稚魚を塩茹でし、天日で干したものがちりめんじゃこ。カルシウムやビタミンDが豊富に含まれ、柑橘系食材と一緒に摂るとカルシウムの吸収率がUPします。このじゃこには脳にも存在する抑制系の神経伝達物質として知られるGABAがとても多く含まれていて、抗ストレス作用が期待できます。また抗ストレスビタミンとして有名なビタミンCはピーマンに、Bはじゃこや大豆にも豊富。体内からストレス解消を応援します!


じゃことピーマンと大豆の焼き飯

じゃことピーマンという、いつでも手に入るお手軽食材で、簡単にできる焼き飯に。「今回はたっぷりのピーマンとじゃこに大豆を加えました。目玉焼きとかつおぶしをトッピングして、食べ応えを出しています。隠し味のオイスターソースで味に深みを出して」大豆は豚肉に替えても栄養的にバッチリです。


材料(2人分)

にんにく 1/2かけ

長ねぎ 1/4本

ピーマン 3個

ごま油 大さじ1 

大豆水煮 60g

じゃこ 15g 

A [酒、ナンプラー(もしくは醤油)、オイスターソース 各小さじ2]

ごはん 茶碗2膳分

サラダ油 大さじ1

卵 2個

かつおぶし 適量

レモン、胡椒 各適宜


作り方

1 にんにく、長ねぎはみじん切りにする。ピーマンはヘタを取り除き、粗みじん切りにする。

2 フライパンにごま油、にんにくを入れて中火にかけ、香りが立ってきたら長ねぎ、ピーマン、大豆、じゃこを加えて炒める。

3 ピーマンがしんなりしてきたらAを加えて水気を飛ばすようにさらに炒める。

4 弱火にしてごはんを加え、ヘラで切るように混ぜる。器に盛りつける。

5 別のフライパンにサラダ油を中火で熱し、卵を割り入れる。

6 周りがカリッと焼けたら火を弱め、白身全体が固まったらフライ返しを使ってにのせる。かつおぶしを添え、あればレモンを添えて胡椒を振る。

Image title

調味料をピーマンとじゃこにしっかり絡ませてから温かいごはんを入れて。


これも、美食材!

大豆

ビタミンB1、B2、B6が豊富。大豆のたんぱく質は必須アミノ酸のバランスが良く、カルシウムもたっぷり。


MAQUIA5月号

レシピ・料理/星谷菜々 撮影/福尾美雪 栄養素監修/関口絢子 構成・文/山下弓子(MAQUIA)

【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN