夏のダメージをリセット! 美肌回復によい栄養&作り置きレシピとは?

ボディ
いいね! 0件

「MAQUIA」10月号では、夏の暴飲暴食や強力な紫外線でダメージを受けた体を、内側からしっかりリカバリーする方法を伝授。

Image title


酷暑の影響をリセット

夏の肌・髪・爪
ダメージ回復編

夏の暴飲暴食や強力な紫外線でダメージを受けた体を、内側からしっかりリカバリーする方法を伝授。


教えてくれたのは…

管理栄養士
金丸絵里加さん

料理研究家、女子栄養大学講師。おいしくてキレイになれる料理の提案で人気。レシピ本も多数手がける。


管理栄養士
前田あきこさん

認知行動療法を取り入れた栄養・運動・生活指導を行い、現在までに2万人以上を体質改善に導く。


ララクリニック
青木 晃先生

抗加齢医学の第一人者。TV出演などを通じて生活習慣病や抗加齢医学の啓発に従事している。


サロン・ド・メリッサ代表
山田祥子さん

25年以上の経験をもつエステティシャン。医療機関と提携し、分子整合栄養医学に基づく栄養療法も行う。


運動指導者
森 拓郎さん

モデルや女優が通うスタジオ「rinato」、小顔美容矯正サロン「ルポルテ」オーナー。『オトナ女子のためのヤセ方図鑑』『読むだけでやせる言葉』など著書多数。


肌のダメージを回復する

Q 肌にいいアミノ酸ってどう摂ればいい?
A 毎食たんぱく質を摂るよう意識すればOK

「別物と思われがちですが、たんぱく質はアミノ酸の集合体。毎食で肉、魚、卵などの動物性たんぱく質7割、残り3割を大豆などの植物性で補うのが理想的です」(森さん)


Q 睡眠不足肌荒れ気味
A カルシウムや亜鉛、ビタミンB群など

「精神を安定させ、メンタルバランスを保つカルシウムや亜鉛、ビタミンB群などを。カルシウムは小魚や干しえびなど、B群や亜鉛はレバーやそばなどから摂れます」(山田さん)


Q 油物を多く食べていると脂性肌になる?
A No!

「脂性肌の要因はさまざまで、一概には言えません。それにオメガ3系の良質な油を適量摂ることは美肌に不可欠です」(青木先生)


Q 美肌にはやっぱりビタミンC?

A Yes!

「ビタミンCは紫外線などによる刺激のほか、肌の構造そのものをケアしてくれる万能選手。抗酸化力の高いアスタキサンチンも一緒に摂ると◎」(前田さん)


(右から)1日1粒でOKだから続けやすい。アスタキサンチン 30日分 ¥1440/DHC 独自技術により吸収効率を高めた、まるで飲むビタミンC点滴。リポ-カプセル ビタミンC 1箱30包入 ¥7200/スピック

Q 美白成分が摂れる簡単作り置きは?

A パプリカのマリネ

「抗酸化作用が高く美白に効果的なビタミンA・C・Eがまとめてとれるパプリカを使ったマリネを作り置きしておけばいつでも手軽に摂れます」(金丸さん)


「パプリカのマリネ」
【材料】(2人分)

<A>オリーブ油・レモン汁…各大さじ1・1/2 はちみつ…大さじ1/2 塩・こしょう…各少々
赤パプリカ…1個
黄パプリカ…1個


【作り方】

1 ボウルにAの材料を入れて混ぜておく。
2 パプリカは薄切りにして、耐熱皿に並べ、ラップをふんわりとかけて1分30秒~2分加熱する。
3 ②のパプリカが熱いうちに①に加えてあえ混ぜ、そのまま冷蔵庫で10~20分冷やして味をなじませる。

Q コラーゲンを飲むと肌に効果ある?

A 全く効果がないとは言えません

「毎日の食事で摂るべきたんぱく質量が足りていれば、本来の効果が期待できます。反対にたんぱく質不足だと、普通のたんぱく質として利用されます」(前田さん)


内側から美しく。(右から)ザ・コラーゲン リッチリッチ<ドリンク> 50㎖ ¥380(編集部調べ・9/21発売)/資生堂 RIARASA クレオパトラの朝食(50㎖×5個 BOX入)¥17300/RIARASA


MAQUIA10月号

撮影/鈴木泰介(料理) スタイリスト/河野亜紀 料理制作/金丸絵里加 取材・文/国分美由紀 和田美穂 関本陽子 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN