旬の夏野菜、どう調理するのが体にベスト? 養生の基本を伝授!

ボディ
いいね! 0件

養生とは、普段の生活習慣に気をつけることで、病気にかかりにくくすること。「MAQUIA」8月号では、気温や温度が大きく変動する梅雨から夏を乗り 切る、養生ビューティー法を紹介しています♪ 旬の食材を体質に合わせて食べることは養生の基本。今回は食材で体のリズムを整える方法を伝授!
Image title

今回、お話を伺ったのは鍼灸師・アシル治療室院長の若林理砂先生。


「梅雨時は、体の湿気を取って体熱を取るものを、夏は熱を冷まし、体をうるおすものをとって。また、調理法も大切。生→湯がく→茹でる→蒸す→煮る→炒める→揚げるの順に温め効果が高いので、体熱がこもる夏は、炒める、揚げる調理は控えめに」(若林先生)



Raw【生】

Image title

夏野菜やフルーツを生でたっぷり補給!

秋〜冬は食材を生でとるのは避けたいけれど、夏は夏野菜やフルーツを生でとるのが効果的。梅雨時は体が冷える人は生食は避け、熱がこもっている場合はとってOK。


<調理例>

爽やかなズッキーニとはっさくのサラダ。ズッキーニ、はっさく、ブルーベリー、カッテージチーズを和え、ドレッシングはオリーブオイルと白ワインビネガーと塩、コショウでシンプルに。


【次ページをチェック!】体を冷やしすぎない調理法を教えます!

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN