日本の伝統食材に学ぶ! 冷え・だるさ、気力低下など心身不調の解決策 

ボディ
いいね! 0件

気温や温度が大きく変動する梅雨から夏は、心身が不調に陥りやすい時期。全身や足のだるさや、冷房による冷えやむくみなどの症状を養生して、気候に左右されない体とココロを手にいれて! 「MAQUIA」8月号では健康美容の原点に戻り、日本の伝統食材やアーユルヴェーダー式の白湯の飲み方など、深くて効果のある養生ビューティを紹介しています。
Image title


養生とは、普段の生活習慣に気をつけることで、病気にかかりにくくすること。


まずは養生の強い味方となる日本の伝統食材に目を向けて! 最近、海外のスーパーフードが注目されているけれど、実は日本には、古来から夏の体の不調を防ぐために利用されてきた素材が多数。こんな素材の力を借りて、夏を元気に乗り切って! 

Image title


腸内環境を整える

【発酵食】


日本の伝統食の代表が、味噌や醤油などの発酵食品。乳酸菌を多く含み、腸内の善玉菌を増やして環境を整える効果が。体を温める作用もあり、夏冷え対策にも◎。



体内の湿気を取る

【豆類】


大豆やえんどう豆、空豆、緑豆などの豆類は、体内の湿気を取り除く効果があり、梅雨時の湿邪排出に効果を発揮。豆腐や豆乳、納豆など大豆食品でも大豆の栄養が手軽にとれる。



夏の暑気払い

【薄荷】


薄荷は西洋でいうミント。メントールを多く含み、冷却・消炎作用が。薄荷油をお風呂に入れると冷涼感を与えつつ発汗を促す作用が。体に塗ると肩こりや筋肉疲労の緩和に効果的。



医者いらずの十薬

【どくだみ】


“医者いらず”や“十薬《じゅうやく》”と呼ばれるほど優れた薬草として古来から伝わるどくだみ。お茶でとるのが一般的で、むくみ、冷え、肌荒れ、便秘、肩こりと多くの不調に効果を発揮。



気を巡らせる

【薬味】


生姜、ねぎ、みょうが、しそなど日本は薬味の宝庫。体内の冷えを発散させて解消する効果や、気を巡らす作用がある。夏の冷たい麺などにも薬味をかければ冷え予防に。


毎日の食事に上手く取り入れて、夏の暑さに負けない体を手に入れて♪


MAQUIA8月号

撮影/天日恵美子(モデル) 長谷川 潤(料理P2〜4、P6〜8) 小川 剛(物) ヘア&メイク/中山友恵〈Three Peace〉 スタイリスト/立石和代(服) フードコーディネート/廣松真理子(P2〜4、P6〜7) モデル/中条あやみ(セブンティーン専属)  取材・文/和田美穂 構成/髙橋美智子(MAQUIA)



【MAQUIA8月号☆絶賛発売中】


≪関連リンクはこちら≫



調理時間たったの5分! お疲れ時に食べたい 【セロリと卵のスープ】≫≫


フードからコスメまで【キレイが見つかる♡ナチュラル&オーガニックガイド】≫≫

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN