人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

こんな症状はSOSのサイン!? 女性ホルモンの乱れで起きる不調って?

ボディ

「MAQUIA」12月号では、女性ホルモンの疑問にドクターがお答え。全身にあらわれるさまざまな体の不調、実は女性ホルモンの影響かも?
Image title

うまく付き合えば不調がおさまる!
キレイになる! 女性ホルモン100問100答

生理周期にともなって定期的にやってくるカラダの不調。いつものことだと思っていたら病気のサインのことも……。何十年も続くことだからこそ、正しい知識を身につけよう。


教えてくれたのは…

女性泌尿器科医

関口由紀先生

世界標準の女性医療を目指す女性医療クリニック・LUNAグループ理事長。『女性ホルモンの力でキレイをつくる本』など著書多数。


婦人科医

福山千代子先生

アヴェニューウィメンズクリニック院長。更年期を中心に、幅広い世代の女性が活き活きと過ごすための治療・相談を行う。


女性ホルモンと体の不調編

全身に影響を及す重要な ホルモンは、見えないからこそ普段のケアが重要に。


Q 免疫低下にもつながるって本当?

A YES

「特にプロゲステロンはむくみを引き起こし、リンパ液が増えることで免疫力に影響が。むくみやすい黄体期は要注意」(関口先生)


Q 自律神経とも連動しているの?

A ホルモン、神経、免疫は相関関係にあり

「女性ホルモンは脳の指令によって卵巣から分泌されます。ところが分泌が正常に行われずに不足すると、脳は何度も指令を繰り返すうちに混乱し、自律神経まで乱れてしまうのです」(関口先生)


Q 歯周病とも関係があるの?

A 女性ホルモンが原因菌の栄養源に

「歯周病の原因菌の中に、女性ホルモンを栄養源として増殖する菌があるため、生理前や妊娠中などホルモンバランスが変わるタイミングは歯周病にかかりやすくなるのでケアを丁寧に」(関口先生)


Q ストレスも影響する?

A もちろん! ストレス=生命の危機

「ストレスや急な体重の増減、病気の発症などで脳が“生命の危機”を感じると、バランスが崩れて生理不順などに。転職や異動といった環境の変化が原因になることも」(福山先生)

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

Q 女性ホルモンの乱れで起きる不調って?

A 生理不順からイライラ、
不眠まで多種多様

「生理不順やあご周りのニキビなどから始まる傾向あり」(福山先生)。「イライラ、不安、疲労感、不眠など心身に不調が出ます。30歳を過ぎたら生活を立て直さないとホルモン負けします」(関口先生)

(上)ピクノジェノールなど女性特有のバランスをサポートする栄養素にアミノ酸など配合。シンプリス ウィメンズバランス 30+ 30袋¥12600/シンプリス (中)ホルモンバランスの乱れからくる症状に。女性薬 命の母ホワイト[第2類医薬品]180錠¥2400/小林製薬 (下)バランスを整える、女性力向上サプリ。TAKAKO STYLE the F advance 60カプセル¥8000/TAKAKO STYLE

Q デリケートゾーンが
乾燥してかゆい……

A 蒸れはもちろん乾燥対策も

「ホルモンよりも、かぶれやムレが原因の可能性大」(福山先生)。「月経前はおりものの量が減って乾燥することもあります。敏感肌の人はデリケートゾーン専用のコスメを使いましょう」(関口先生)

(右)ムレや汚れによるかゆみを和らげるジェルタイプ。トレスマリア ソープ 180g¥3800/バルドゥッチ (左)保湿、抗菌、防水に優れ、炎症を鎮める。bda ORGANIC オーガニック ケアバーム 20ml ¥2500/スパイス・アンリミテッド

Q 顔から汗が吹き出し、
体臭も気になる

A 自律神経失調症かも?

「若い世代なら生活の乱れから自律神経失調症になっている可能性があります。知覚過敏になっているため自分や他人の臭いにも敏感に。のぼせも冷えの一種とされるので、足湯などで温めて下半身は冷やさないこと」(関口先生)

Q 女性ホルモンが減ると
骨盤底筋もゆるむって本当?

A 本当です。今日から
トレーニングを!

「閉経すると骨盤底筋を支えるコラーゲンの生成が減ってゆるみにつながりますが、閉経前なら加齢による筋力の衰えが原因。簡単なトレーニングで不要なゆるみをガードして」(関口先生)

フェイスタオルを丸めて膣と肛門にあてて座る。おならを我慢する感じで力を入れると動く部分が骨盤底筋。


坐骨を床に立てるように座り、両脚を伸ばす。手は太ももの上にのせ、足首は力を入れず自然な姿勢でOK。

Image title

ひざを軽く曲げたら、腕を振りながらお尻で前へ10歩進み、同じ要領で後ろへ10歩。5セット繰り返す。

Q 冷えとは関係ないですよね?

A さまざまな不調につながります!

「体が冷えれば卵巣機能も低下してホルモン分泌にも悪影響。手足が冷えてむくみもあるなら『当帰芍薬散』、内臓の冷えなら『安中散』、全身冷えは『五積散』など、漢方も改善策のひとつ。タバコも冷えには大敵!」(関口先生)

(右)体力中等度以下の人の、胃腸虚弱に。ツムラ漢方安中散料エキス顆粒[第2類医薬品]10包¥1800/ツムラ (左)むくみと足腰の冷え症に。クラシエ当帰芍薬散錠[第2類医薬品]288錠¥4000/クラシエ薬品 Image title



MAQUIA12月号

撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/甲斐美穂〈ROI〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/里海 イラスト/本田佳世 きくちりえ〈Softdesign〉 取材・文/中木純〈デジタルライツ〉 国分美由紀 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN