“ヒップ下くびれ”をつくって美脚&脚長になるテクニック

ボディ
いいね! 5件

「MAQUIA」5月号では、専門家に脚痩せ&美脚になるためのテクニックを聞きました。太ももの裏をマッサージするアイテムやセルライトコスメをご紹介します。

Image title


お話を伺った方・・・

村木宏衣さん
メディカルエステ『スタイルM』代表、アンチエイジングデザイナー。人気のゴッドハンド。著書『1日1分からできる 美脚リセット』(成美堂出版)など。

寺島洋一先生
アヴェニュー六本木クリニック院長。形成外科医として、センス抜群な腕と理論的な回答で信頼が厚く、美容業界にも通っている人多数。内外美容も詳しい。

金井志江さん
脚やせ専門エステ『リフィート』代表。自身の脚悩みを克服した経験から1万人以上の脚を細く変えた。新著に『太ももにすき間ほしくありませんか?』。

六山徹哉さん
『Body works Tokyo』代表、鍼灸マッサージ師。骨盤や股関節のバランスを調整する神テクニックが評判。著書『3日で変わる! 六山式くびれエクササイズ』(ベストセラーズ)


脚との境があいまいで短足に!?ヒップ下くびれ

Q1 お尻と太ももの境目がぼんやり。その原因は?
A コリと、それによるリンパの滞り

「長時間座りっぱなしだと、お尻の筋肉がコリ固まってしまいます。当然リンパも滞ってセルライトがつくし、冷えてさらに太ることに。お尻は手が届きづらいパーツですが、ほぐすとヒップアップ効果てきめんで、太ももとお尻の境界線もくっきり出てきますよ」(村木さん)

Image title

足を肩幅に開き、深めにお尻をつかむ。そのままお尻を左右に15回ほど振る。つかむ位置を少しずつ変え、4カ所ほど繰り返す。逆側も同様にフリフリ♪


Q2 デスクワークが多いと、お尻下がブヨブヨに?
A 座りっぱなしは美脚の敵

「腰やお尻に負担がかかって脚全体がむくみやすくなるので、太く見えてしまいます」(岩井さん)。「筋肉は、同じ状態が続くと固く太くなります。立ち上がるなど、ちょこちょこ動けるのがベストです」(六山さん)


Q3 ヒップアップすると、脚って長く見えますか?
A 脚長効果は抜群です

「もちろんです。ちょっとしたあき時間にエクササイズを取り入れるだけでも、習慣化すれば効果てきめん」(ショップジャパン・坂崎さん)

Image title

足をのせて左右にすべらせるだけの簡単美脚マシン。自宅で簡単に体幹も鍛えられ、すらり脚が育つと人気。レッグマジック X ¥9999/ ショップジャパン


Q4 太ももの裏ってマッサージしにくい!
A 優秀なツールを活用すべし

手が届きにくいところも、こんなギアなら「ボディラインの起伏に合わせて効果的につまみ流せ、美脚が育ちます」(MTG広報・加藤寿恵さん)。

Image title

「つまみ流す」「つかんで絞る」といったプロのテクが簡単に再現できるローラー。リファフォーボディ ¥33000/MTG


Q5 セルライトって、冷えも関係あるの?
A もちろんです!

「冷えた部分はむくんで老廃物や脂肪が溜まりやすくなるので、それがセルライトに。きちんと熱を産生できる筋肉の周囲にはセルライトがないでしょ?」(金井さん)


Q6 セルライトコスメの実力は?
A 使うことで実感がより早く

「セルライトに肌表面からもアプローチすれば、ダイエットするより早く効果実感が」(クラランスPR・高橋さん)

Image title

3種の脂肪細胞にアプローチできる画期的な新処方。肌にハリが出るので、使い始めてすぐに手応えが。ボディ フィット200g ¥8000(3月24日発売)/クラランス 


Q7 太もも裏にセルライト。来週までに解消できる?
A 燃焼or冷却施術は、1カ月みて

「ヴァンキッシュなどの施術は脂肪細胞を確実に破壊するので効果てきめんですが、それが排出されるまでには約1カ月ほど必要。1週間では難しいですね」(寺島先生)


MAQUIA5月号

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/yumi〈Three PEACE〉 スタイリスト/程野祐子 モデル/中西麻里衣(マキアビューティズ) 構成・文/高見沢里子 企画/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN