人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

糖質オフの食事を続けると、老化が早まるの? グラノーラってヘルシー? 気になる「糖質」の疑問を解決!

ボディ

正しい知識を身につけて、ムリなくダイエット!「MAQUIA」10月号では、今、一番知りたいダイエットの素朴な疑問にプロが回答。

Image title

さまざまな説のあるダイエット。そこで今回は……いろいろな識者の方々に、それぞれの立場からお答えいただきました!


延べ20万人以上の患者を
診てきた医師として回答

AGE牧田クリニック院長
牧田善二先生
糖尿病専門医、医学博士。著書『医者が教える食事術 最強の教科書』(ダイヤモンド社)は大ヒット中。


女性が憧れるボディメイクの
プロとして回答

フィットネストレーナー
森 拓郎さん
加圧トレーニング&ピラティススタジオ「rinato」代表。確かな指導でメディアからも注目を集める。


栄養指導に携わる
管理栄養士として回答

臨床栄養実践協会理事長
足立香代子先生
管理栄養士として医療現場で栄養面から患者をサポートするほか、年間100回を超える講演も人気。


自身の経験から
ダイエット専門家として回答

ダイエットエキスパート
和田清香さん
NYで学んだボディケア術をはじめ、自らの350種以上のダイエット経験を通して得た知識を生かし活躍中。


オフしたほうがいい?

 糖質の疑問 

近年話題の糖質制限。どんなメリット・デメリットがあるのか、改めておさらい。



Q 納豆ご飯でも、
血糖値の急上昇は起こる?

A タンパク質と一緒なら、
血糖値の上昇は緩やかに

「ご飯はタンパク質である納豆と一緒に食べると、血糖値の上昇が緩やかになります。納豆には卵を入れ、さらにタンパク質を増やすといいですよ」(牧田先生)


Q お腹の調子が悪い時は
糖質オフはやめるべき?

A 卵入りおじやや
鶏肉入り鍋焼きうどんならOK

「調子が悪いなら、ダイエットよりも健康を第一に考えて。少し調子が悪い程度なら油は避け、卵や肉などタンパク質と一緒に、ゆっくり食べましょう」(足立先生)


Q 糖質オフは早く老ける?

A 糖質をオフしたほうが
老化防止になります

「糖質を多く摂ると、老化を促進させるAGEが多く発生してしまいます。そのため、糖質制限をしたほうがエイジングケアになります」(牧田先生)


Q 糖質制限って
いつまでやればいいの?

A 目標を達成したらやめてOK

「健康のためならずっと続ければいいし、ダイエット目的なら目標体重になったらやめてかまいません。リバウンドしたら再開すればいいだけのことです」(牧田先生)


Q 糖質オフをずっと続けていて、
健康に問題はありませんか?

A 糖質オフの程度によります

「どれだけの糖質をオフするのか程度にもよりますが、年齢とともに代謝は落ちるので、自分の代謝に合わせた糖質オフを続けるのは、問題ないと思います」(森さん)


Q アルコールの中で
糖質がいちばん高いのは?

A ワインは糖質の低いアルコールです

「ワインは糖質が低く、2004年にはドイツで白ワインが痩せると報告されました。白ワインは甘口ではなく、糖質の少ない辛口を」(牧田先生)


Q グラノーラって
ヘルシーですよね?

A 揚げ物と同じです

「グラノーラは大麦に油をかけて焼いたもので、揚げ物と一緒です。ドライフルーツ入りだとさらに糖質は高くなるので、ヘルシーとは言い難いです」(森さん)


1/3

2/3

3/3

Q しらたきご飯にすれば、
白米の食べすぎを防げる?

A 防げるけれど、
続かなければ意味ナシ!

「ご飯に何かを混ぜると、そのぶんのご飯の量が減るので食べすぎ防止にはなると思います。ですが作る手間を考えると長続きしない人が多いとの噂(足立先生)


<しらたきご飯の作り方>

Image title

【 作り方 】
1 しらたきを熱湯で軽くゆで、ざるにあげて粗熱を取る。2 水気をしっかりきり、みじん切りにする。フードプロセッサーを使っても可。3 2のしらたきを入れ白米を炊く。水の量はやや少なめに。


<カリフラワーご飯の作り方>

Image title

【 作り方 】
1 カリフラワーを包丁、もしくはフードプロセッサーでみじん切りにする。2 耐熱の器に入れてふんわりラップをし、500or600Wの電子レンジで2〜3分加熱し、炊きたてのご飯に混ぜ合わせる。

Q パスタを食べても
血糖値を上げにくくするには?

A 先にサラダを食べればOK

「前菜にサラダを頼み、先に食べて。ドレッシングの代わりに塩、コショウ、たっぷりのオリーブオイルをかけると、さらに血糖値の急上昇を防げます」(足立先生)

Q 糖質オフをすると、
塩分過多になりませんか?

A 調味料の糖質は
気にしなくて大丈夫です

「みりんなど、調味料の糖質は気にする必要はありません」(牧田先生)。「ベーコンやソーセージなど加工肉には塩分が多く含まれているので、味つけには注意を」(和田さん)


MAQUIA10月号

撮影/資人 導〈vale.〉(モデル) 岩城裕哉(料理) ヘア&メイク/清水美和 スタイリスト/立石和代 モデル/朝比奈 彩 イラスト/おのしのぶ 取材・文/関本陽子 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN