この秋は“くすみ”を簡単にカバーして透明感を引き出す下地や、小顔願望まで叶えてくれるコンシーラーが続々。お悩み別に使い方テクをご紹介!
  • “青ぐすみ”を健康
    的に見せる優秀下地

    主に血行不良が原因で起こる“青ぐすみ”は、全体的に血色感に乏しく、とくに目の下がどんより。こんなタイプには、ほどよく赤みを加える下地を選んで。

  • 赤みを打ち消す
    オススメ下地3選

    乾燥や角質肥厚、炎症などが原因と考えられる“赤ぐすみ”。頬だけでなく小鼻や口元、額などにも赤みが……。こんなときは反対色の青み下地の投入が正解。

  • “黄ぐすみ”を飛ば
    すツヤ系下地3選

    肌の糖化や日焼けが原因の“黄ぐすみ”。鼻筋や頬、額に下地でツヤを与えて、立体感を出しながらくすみをカモフラージュ。まぶたの曇りもカバーを。

  • 形状別・おすすめ
    コンシーラー

    この秋のコンシーラーは形状やテクスチャーのバリエーションが広がり、ファンデーションやハイライトの代わりに使えるものがたくさん。選び方と使い方次第で、ベースメイクの仕上がりをブラッシュアップ!

  • クマや毛穴隠しに
    最適なコンシーラー

    クマや毛穴のカバー、口角アップなど、お悩み解決に最適なコンシーラーをメイクアップアーティストのpaku☆chanさんがセレクト。つけ方も詳しくレクチャーします。

  • 小鼻の赤み、ほうれ
    い線をカバー

    適材適所のアイテム使いで、小鼻の赤みやニキビ跡、ほうれい線など、気になるお悩みもコンシーラーで簡単にカバー。プロがコンシーラーの使い方を伝授します。

  • コンシーラーで透明
    感もメリハリ小顔も

    コンシーラーが色悩みの先にある、透明感や小顔願望まで叶えてくれるって知ってた? paku☆chanさんがコンシーラーだけで理想の肌が作れるか挑戦!

あなたにオススメのまとめ

こちらもCheck!

UPDOWN