暑くなる、これからの季節。一見、肌は潤っていそうに感じるけれど、なんだか乾燥するし、毛穴の目立ちが気になる人も多いのでは? 「MAQUIA」7月号から、美肌のプロ・安倍佐和子さんがまるっと解決!

Image title


肌立て直しの匠!

ビューティーエディター

安倍佐和子さん

美容創世紀から第一線で活躍し、常に業界に新風を吹き込み続けるパイオニア的存在。幅広い知識と経験に裏打ちされた回答は、端的&明快。


初夏の肌ではインナードライと毛穴問題が多発的に起きている!

この時期、

“落とす”&“入れる”

ケアを間違いがち

 暖かくなって汗や皮脂分泌が盛んになり、肌表面の乾燥は収まっているかのように見える肌だが、

「肌の表面と内側を、勘違いしてはいけません。紫外線のA波が降り注ぐ量は真夏と同等レベルですし、ぼちぼちエアコンをつけるようになってくるので、実は肌の中はすごく乾燥しているケースが多いんです。いわゆる、外はベタベタ、中はカラカラの“あべこべ肌”状態!」という、小田さん。

また、安倍さんは、「実は、春先にコンディションを崩してしまった肌は、元通りになるまで1カ月以上かかります。今の時期はまだまだ虚弱体質な肌状態なので、お手入れしても効きにくいんです。だからといって、そのまま放置していると、角質が肥厚し、毛穴づまりなどのトラブルを抱えてしまう原因に」と話す。

では、果たしてどんなお手入れをすればいいの?と、迷う人も多いはず。


 そこで見直して欲しいのが、基本の“落とし方”、“入れ方”!

「皮脂や汗が気になって洗いすぎ、自らバリア機能を弱らせている人が多いんです。また、暑いからと乳液やクリームなどバリア膜アイテムをないがしろにしていると、外的刺激を受けやすく、潤いが逃げやすい肌になってしまうことも! むしろこの時期こそ、アイテムを省かず、丁寧に潤いの層をきっちりと重ねていくことが大切です」(小田さん)。

また、エアコンや冷たいものの食べすぎ飲みすぎによる冷えも要注意。「冷えたままでは代謝が低下し、ターンオーバーがスムーズに行われず、潤いが行き渡りにくい状態。巡りを良くして肌の力を底上げしつつ、お手入れしましょう」(安倍さん)

Image title

"あべこべ"肌になりがち!

一見、肌表面がベタついて潤っていると勘違いしがちだが、強い紫外線が降り注ぐ影響で、この時期、実は肌内はカラカラのインナードライ状態に。


Image title

いろんな毛穴問題が多発!

過剰な皮脂分泌により、この時期は毛穴拡大傾向に。さらに、お手入れ不足などで角層が乱れて毛穴がふさがれると、黒ずみや開きなどが!


 落とし下手あるある  

ゴシゴシ落としで

美肌菌を迫害している!!

Image title

洗い過ぎやゴシゴシ洗いは、汚れなどの悪玉菌だけでなく潤いなどを守る善玉菌も落とすことに。バリア機能が低下するので、要注意。


毛穴に皮脂や

古い角質がつまったまま

UVカット効果の高い日焼け止めや皮脂&汗に強いベースメイクが落とせていないケースが! そのまま放置すると、酸化し黒ずみに。


3

肌掃除不足による

ターンオーバーの乱れで潤い拒絶肌

Image title

紫外線ダメージやエアコンなどの冷えにより、ターンオーバーは乱れがち。不要な角質がたまり、スキンケアが入りにくい肌に。


【次のページをチェック!】インナードライ&毛穴問題を同時に解決する7つのケア》》

インナードライ&毛穴を同時に解決する

落としテク、入れテク  

潤いが行き渡る肌に底上げすることが先決!

「せっかく潤いを入れようにも、肌の上に汚れがたまっていたり、冷えていたりすると、肌内で潤いが巡りません。ですから、ターンオーバーを正常に整えるよう肌掃除をきちんとする、肌温度を上げながら潤い補給するなど、潤いが行き渡る肌に喝入れしましょう」


摩擦せず、受け入れ態勢のいい肌へとお掃除

1

オイルクレンジングで

毛穴つまり&黒ずみ一掃

Image title

「汚れはきちんと取りつつも、美容液成分たっぷりのオイルクレンジングで摩擦レスに洗うのが鉄則です! 毛穴やザラつき部分は指の腹で、くるくる洗いを」

Image title

「高い洗浄力と保湿力を両立したクレンジング」。12のバームタイプは、肌の上でオイル状へと変化。

1 モイスト クレンジングバーム 100g ¥3200/RMK Division 

アルティム 8 スブリム ビューティ インテンシブ クレンジング バーム 100g ¥9000/シュウ ウエムラ 

3 トリートメント クレンジング オイル 200ml ¥3000/カバーマーク


2

手と肌温をWで上げて

浮かしクレンジング

「潤いを入れ込む時もそうですが、落とす時も同様に肌を温めるのが汚れの浮きが良くなり効果的です。リンパの通り道となる、顔の側面や耳を温めて」


クレンジング&洗顔前に温める

Image title

ホットタオルで、手と、顔の側面を温める。

Image title

両耳を手で持ち、約10~15回ゆっくりと回転させる。


3

ふき取りローションによる

肌掃除でターンオーバーを促進

Image title

「たまった角質は、1週間に1~2回、ふき取りローションでお掃除を。ザラつきが気になるTゾーンやあご周りを中心に、サッサッと汚れを落とすように」

Image title

潤しながら、不要な角質のみをオフ。SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント クリア ローション 160ml ¥7000/マックス ファクター 

ミルクのようなタッチで、穏やかなクレンジング力を発揮。オーエフィカス 300ml ¥11000/シスレージャパン


潤いが巡り、毛穴がキュッと引き締まる肌へ導く底上げケア

ケイ素マスクで

毛穴汚れ掃除も潤いチャージも一度に

「注目の凄腕アイテムがこちら。毛穴の汚れを取りつつキュッと引き締めて、さらにコラーゲンやヒアルロン酸の働きを高めて自発的に潤う肌になる、まさに一石二鳥マスク」

Image title

ケイ素パワーで、毛穴も潤い問題も一度で解決! ロロキシンリフト 5個パック¥8000、10個パック ¥12000/エム・アール・アイ


5

炭酸泡で肌温度を上げて

巡り肌に準備

Image title

「冷えた女は、潤いが巡りません。だから、お手入れの始めに、巡り上げの名手、炭酸の力を借りて肌温度をアップ。プシュッと炭酸泡を直塗りすれば、楽チン」

Image title

SOFINA iP 美活パワームース(土台美容液) 90g ¥5000(編集部調べ)/花王ソフィーナ 

HAKU アクティブ メラノディフェンス パワライザー 120g ¥6000(編集部調べ・医薬部外品)/資生堂


6

コットンマスクの

お手あてケアで潤い満タンに!

Image title

「虚弱状態の肌は、ただ化粧水を塗るだけだと入りません。ひたひたに化粧水を浸した大きめのコットンを、ゆっくり押し付けるようになじませて」

Image title

綿100%の大判タイプ。フェイシャルコットン L(ソフト) 120枚入 ¥380、

濃縮ハトムギエキスを配合し、肌を鎮静しながら、コンディションを整える効果が秀逸。薬用スキンコンディショナー エッセンシャル 165ml ¥5000/アルビオン 

潤い補給とともにハリや弾力を与えながら、毛穴をキュッと引き締める効果も。LE L ローション 150ml ¥7800/シャネル


朝こそガード重視!

クリーム薄塗りで鉄壁の潤い守り

Image title

「肌にダメージを与える外的要因からの守りは鉄壁に。保湿&エイジングケア重視のクリームを欠かさずに化粧崩れしないよう、クリームをつけた後、ティッシュで軽く押さえて」

Image title

保湿、美白、エイジング、毛穴と、あらゆる悩みに対応するパワフルかつ多機能なクリーム。

シスレイヤ インテグラル 50ml ¥49000/シスレージャパン 

プロディジー リバーシス クリーム 48.3g ¥30000/ヘレナ ルビンスタイン


8

ながら塗りマスクで

頬の開き毛穴が即ふっくら

Image title

「朝、毛穴のたるみ開きが気になったら、“毛穴リフトマスク”が活躍! 出かける支度や朝のメールチェックなどをしながらすると、時間もぐっと短縮」

Image title

塗って約10分で、開き毛穴がスリム化。マスク後は、洗い流して。トータル V ラップ 75g ¥7300/クラランス(6/17発売)


MAQUIA7月号

撮影/玉置順子〈t.cube〉(人物) ヘア&メイク/辻元俊介〈ラ・ドンナ〉 スタイリスト/寺沢 香 イラスト/いいあい 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/清田恵美子(MAQUIA


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share