ハリ肌を目指すアラサー、アラフォー世代におすすめ。資生堂 最新コラーゲン研究からうまれた「エリクシール シュペリエル」

スキンケア
いいね! 2件

先日のマキアイベント「マキア ビューティナイト」での

資生堂 エリクシール シュペリエル のステージ & ブース をレポ♪


Image title


エリクシール シュペリエル はドラックストアでも取扱があり、誰もが一度は目にした(耳にした)ことのあるブランドだと思います。

私も20代のとき、保湿効果の高い化粧水を求めてドラックストアでなんとなく購入したのが、初めての「エリクシール シュペリエル」でした。

質の割にお値段もお手頃で、何本かリピして使っていたのを記憶しています。

でも、ドラッグストアで見慣れているコスメだからこそ、その後 あえて注目することもなく・・・:-)
(どうも目新しいコスメにばかりに目がいってしまって…汗 )

今回イベントで久しぶりに「エリクシール シュペリエル」に触れたのですが、これが想像以上に良かった!

当然だけど私が使っていた頃に比べてぐんと良いものになっていて、

(今販売中の化粧水・乳液は昨年10月、美容液は先月にリニューアル新発売されたものです。さらにこの10月にはナイトクリームが新たに発売!)

また、昨年から沸き上がるようなハリ肌を目指す “コラーゲン エキスパート” ブランドとしてイノベーションされ、よりアラサー、アラフォー世代に最適なスキンケアラインへと進化を遂げていました。

ブランドモデルは、アラフォーとは思えない若々しさ!篠原涼子さんです。




ステージ では・・・


Image title


エリクシール シュペリエルの開発を担当されている資生堂研究員さんと美容コーディネーター 弓気田みずほさんが登場。

スライドを見ながらお二人の対談形式で、先進コラーゲン研究について、開発の経緯や商品について詳しく知ることができました。


長年のコラーゲン研究からうまれた、エリクシール シュペリエル。

まず、コラーゲンとは・・・ 肌をみずみずしく保ち、ハリ・弾力を支える土台となるもの。(皮膚の真皮線維成分の約90%を占めます!)


そんなコラーゲンは、残念ながら 加齢とともに減少。(コラーゲンを生み出す線維芽細胞の機能が低下。)

それを示す衝撃的な図がこちら。 ↓


Image title


(↑ とても見にくいのですが…(>_<))

折れ線グラフの 30歳~40歳の間で一気に急降下 してます!(コラーゲンを生み出す線維芽細胞の機能が急低下。)


一生の中で最も肌老化が加速する時期が、30~40歳の間とも言えます。コワイ~(>_<)

この時期きちんとお手入れをするか、しないかで、その先の肌に大きな違いが出てくるとも言えると思います。


まさに今、私の肌、急激な肌老化の真っ只中・・・(T_T) 気を引き締めてお手入れ頑張ろうと思いました。



また加齢とともに、コラーゲンは「量が減る」だけでなく「細く」衰えていくこと、

さらに肌表面のうるおいを保つ表皮ヒアルロン酸も減少。乾燥しやすくハリが低下してしまうこと等が説明されました。


そんな肌老化のメカニズムを様々な角度から探った結果、開発されたのが、このエリクシール シュペリエル。

美容コーディネーター 弓気田さんからは、コラーゲンを生み出す線維芽細胞のマザー細胞とも言える「真皮幹細胞」に効果的にアプローチする、今話題の「幹細胞コスメ」としても大注目!とおっしゃられていました。

今までにない肌効果に期待が高まりました!☆




その後ピックアップして紹介されたのが、「エンリッチドセラム CB」(美容液)と「エンリッチドクリーム CB」(クリーム)。


Image title


こちらはブースで実際に手にとって試したのですが、こだわりを持ってつくられた そのテクスチャーと使用感に驚きました!

(次ページにて≫≫)



RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN