【効果絶大】たった一度のケアで、つるすべ「かかと」に!おすすめフットケア

スキンケア
いいね! 7件

素足になることが ほとんどない冬、自分以外の誰かに見られることのない「かかと」。ついお手入れをサボって、気づけばひどく乾燥してガサガサだった…というのは、よくある話。でも、大丈夫!

一発逆転!たった一度のケアで、つるすべ「かかと」になれる 方法、あります!



Image title

サロンフット / 電動角質リムーバー

2,680円(税抜)


分厚く固まった「かかと」の角質をスピーディーかつ優しく除去する「電動角質リムーバー」 。(かかとを中心に足裏全体に使えます。)

足裏がしっかり乾いた(乾燥している)状態で使用。使用目安は週1回。

高速回転するやすりの付いたローラーをかかとに当てて、固くなってしまった角質を磨き落とします。



粗め細め2タイプのローラーヘッド付き

Image title

(↑黒いローラーが粗め、ピンクのローラーが細め)


ローラー部分は、かかとはもちろん、かかと以外の足裏の細かな部分にも使いやすいサイズ感。

本体から取り外して水洗いが可能。衛生的!

また、ローラーのやすり部がすり減ってきたら、つけ替え用に交換できます。(別売 付替用ローラーヘッド(1,000円(税抜)) )約2ヶ月が取替えの目安だそう。



本体は軽量コンパクトで、グリップは握りやすく、使用時安定感があります♪

Image title


ローラーは、 約2,000回転/分のパワフル高速回転。

こういった角質ケアツールは初めての使用で、ローラーを足裏に当てたときの感触(削られて痛くないか、また、くすぐったくないか?)が不安だったのですが、全く大丈夫でした!回転の振動を感じる程度。



使用中、削り取られた角質が白い粉となって出ます。(広範囲に飛び散るわけではないのですが、新聞紙などを敷いて行うのがベスト。)

「粗め」のローラーでも、本当に「少しずつ」角質を削りとっていくので、削り過ぎてしまう心配がありません。

Image title



ところで、日頃からかかとの保湿ケアは欠かさずしている私は、それほど角質が厚くたまっておらず。

よって、「電動角質リムーバー」を使ったお手入れを取り入れることで、保湿クリームのなじみ、浸透が良くなるといった効果は実感しているものの、見た目の変化(ビフォアー→アフター)がイマイチ分かりにくいため、

角質が厚くたまってガチガチかかと になってしまっている人(うちの主人!)に協力いただき、効果の程を検証しました。



(↓)主人のかかと(38才。日頃から私が指摘しないと身だしなみを整えられない人…(汗)

【ビフォアー】Image title

※お見苦しい写真、失礼致します。

靴下はくとき、「なんだな引っかかるなぁ~」なんて気になってはいたらしいのですが、今まで何もお手入れせず、こんな状態に…。


もちろん ローラーは、「粗め」を使用。

1回、約10分以内の使用が目安。足裏の様子を見ながら、ほどほどに終了。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


使用直後は足裏に白い粉状の削り取られた角質が付着しているので、化粧水を含ませたコットンで拭き取り、パッティングした後、保湿クリームを塗って完了!

角質除去の後は、保湿ケア必須


【アフター】

Image title


しっとり。つるすべ かかとに!

手触りが激変!

まだ少しひび割れが気になりますが、かなりキレイになりました。

一先ず分厚く固まっていた角質がスッキリとれたので、この後保湿ケアだけでも続ければ、早い段階でさらに改善が見込めそう。


(※ちなみ、上↑の削り取った角質(白い粉)にまみれたローラーの写真は、主人のかかとに使用した後の状態。私のかかとに「細め」ローラーを使用した場合、これほど削り取った角質(白い粉)が出ることはありません…。)




改めて、

主人のかかと 【ビフォアー】 →【 アフター】。(↓)

Image title

主人曰く、「歩いたときの足裏の感触が変わった!」。

「またやりたい!」と。




「かかと」美人になれる「サロンフット 電動角質リムーバー」、これから年末年始にかけて旅行(温泉や南国(ビーチ)に行く等、素足になる予定がある…)を控えていらっしゃる方にもおすすめ。

是非チェックなさってみてください☆






★インスタやってます!★
Image title
Please follow me★https://www.instagram.com/aconeko/

こちらの記事も是非どうぞ。→ 福袋を買わない派におすすめ! 3000円でこんなに買えるプチプラコスメ計5点





RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN