【メイクブラシを長く愛用するために】白鳳堂で聞いた「化粧筆の正しいお手入れ方法・洗い方」

メイクアップ
いいね! 7件

メイクブラシ(化粧筆)は、なるべく水洗いを避けたほうがよいそう。


Image title


使い続けていると毛がベタついてくる、ダマができる…といった汚れが気になり、わりと頻繁に(2〜3ヶ月に1度位で)水洗いしていた私。。

長く愛用するために、水洗いは せめて半年〜1年に一度程度にしたほうが良いそうです。

(水洗いすると、天然毛ならではの風合いや毛表面を覆う油分などが失われてしまう、また 口金の中に水が溜まってバクテリア発生(→抜け毛、切れ毛)のリスクが高まってしまう、とのこと。)



では、どのようにお手入れしたらよいのか、。


先日、熊野筆でおなじみ 白鳳堂 京都本店にてアイシャドウブラシを購入。

(過去購入したブラシ(→)が気に入り2本目ゲット♪)

その ついでにお話をうかがいました。


Image title






<毎日のお手入れ>


テーブルに敷いたティッシュで優しく拭き取る。


Image title

パウダー、チークブラシなど毛量多めブラシは、手のひらで毛先をはたいた後、ティッシュで拭き取ります。


ブラシ使用直後のお手入れは、つい面倒くさかったり、忘れてしまったり…ですが、

【一番大事!】こうして使う度きちんと汚れを落としておけば、水洗いせざるをえないほど汚れがたまることはないそうです。。




<定期的に・・・>


櫛をかける。


Image title


いきなり根本から櫛をかけると毛が切れてしまうので、穂先から少しずつ。

毛の中に入り込んだ化粧品等の汚れを掻き出します。


Image title

(↑)私がアイシャドウブラシ等毛量少なめブラシをとかすのに使っているのが、「資生堂 マスカラコーム」(価格200円程)。こちら ちょうどよいサイズ感!で、1本メイクブラシお手入れ用(とかす用)に使って(しまって)ます。

毛量多めブラシをとかすには、少々 小さいので、100均の本つげコームを…。(↓)

Image title




<汚れが目立つとき(半年〜1年に一度程度)


専用石けんで水洗いします。


おすすめ石けんがこちら。なんと白鳳堂が開発した 筆のお手入れ用 透明石鹸!

Image title

白鳳堂  透明石鹸 無着色

30g  600円(+税)

筆のために余分な成分は省き、極力シンプルな処方にこだわって作られている点が特徴。



まず筆の毛部分にお湯(40度前後)を十分なじませた後

(濡らしてよいのは、口金まで!それ以上濡れると、柄と口金をつなげるボンドがとれてしまう可能性があるため。

石けん表面に筆の毛先部分を撫でつけるようにして、適量含ませます。


Image title


毛先を指ではさみ、根元から穂先にむかって汚れをやさしく押し出すように洗い、よくすすぎます。


水をきったら、タオルで押さえて水気をしっかり取り、指先で形を整えてコップに立てて陰干しします。

((白鳳堂では)“立てて” 干してOKと教えていただきました。3日ほどかけて干し、水分を完全に蒸発させます。)

Image title




ちなみに、筆のお手入れ用石けん は

(上記したとおり、天然毛ブラシのみ持っている方にとっては、出番が半年〜1年に一度になってしまうわけですが、)

毛の痛みをあまり気にせず水洗いできる 人工毛ブラシの洗浄に もちろん 使えます!


Image title

人工毛、かつ汚れやすいファンデーションブラシや、マキア5月号付録「毛穴消し美肌ブラシ」を洗うときに◎。


以前メイクブラシの水洗いには、他社ブラシクリーナーを使っていたのですが、

この石けん(石けんと言えど、以前使っていたブラシクリーナーと比べて大差なく)、汚れ落ちとても良く、

何よりブラシ(毛)にも肌にも優しい成分でできているので、安心して使えて本当にオススメ。




白鳳堂では「化粧筆の使い方・化粧筆のお手入れの仕方」について、とても丁寧に詳しく説明してくださって、こういったパンフレットもいただけます。(↓)

Image title




汚れがたまったメイクブラシは、雑菌の温床に…。肌トラブルを引き起こす原因になるだけでなく、メイクの仕上がりも左右します。よってキレイな状態をキープする為のお手入れが欠かせないけれど、

きっちりスッキリ汚れを落とそうと、水洗いしすぎても×。

メイクブラシを良い状態で長く使うために、正しい方法でのお手入れを心がけたいものです。





RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN