ついに開講!リアルmamiの美容塾!【ベースメイク編】

メイクアップ
いいね! 12件

みなさんこんにちは☆マキアエキスパートブロガーのmamiです


嘘です☆ ギ☆です!

行って来ました~!mami先生の美容塾!

Image title

アンチエイジング×小顔アンチエイジング×アイメイクをテーマに、みっちり2時間近くレクチャーしていただきました。

今年に入って、目からウロコが落ちっぱなしの私ですが、今回もいっぱい落ちましたよ。


まずはアラフォー顔デカの私が超々気になる【アンチエイジング×小顔】ベースメイク編


時間が経つと起こるベースメイクの二大問題といえば、崩れクスミ

実はこれ2つとも乾燥が原因なんだそう!

早くも本日1つめのウロコ落ちポイント。(汗っかきと脂性のせいやと。。)


そういえば、私が一番乾燥しやすい鼻周りは、一番崩れやすい箇所でもありました。

しっかり保湿することは、肌トラブルの予防のためだけでなく、美しいベースメイクのためにも超重要だったんですね~。


続いて、ファンデ分布図を用いて、ファンデ別の性質をお勉強。


ファンデで若見せしようと思ったら、必須なのは「ツヤ」

(密かに私はmami先生のことをツヤハンターと呼んでいます。いつぞやもツヤ感のあるファンデを熱心にリサーチされてましたし、昔私の肌にツヤを発見したときも、原因?を追及されてました。←そのとき私はファンデにオイルを仕込んでました☆

Image title


「カバー力」「ツヤ」という、たいがいの女子(特にアラフォー女性。特に私。)が欲しがるこの2つをクリアするのが、クリームファンデ。

ただし、クリームファンデは手間がかかるんですよね。その上、化粧直しも基本不可。


そこで、クリームファンデをコンパクトに入れて、クリームファンデの問題を完全クリアしちゃったのが、噂のクッションファンデ

MAQUIA5月号でも特集が組まれてますよ~。(p174~)


クッションファンデの使用上の注意点は、

・仕上げのお粉は目元だけ! せっかくのツヤ感を活かすため。

・チークはクリームチーク! パウダーだと乾燥して、崩れやすくなるため。


なお、mami先生のオススメは、ランコムのクッションファンデ(ブラン エクスペール クッションコンパクト 50)。

ってことで、先日アイシャドウを買いに行ったとき早速タッチアップ。もっちりとした独特なツヤ感が出ます!

(こちらは価格改定対象ではなかったので、その場では購入せず。4/5発売のフローフシイオン デ クッションと比較してみたい!)


さて、ファンデを使う上で押さえておきたいのが「ツール」


●ブラシ →→→手早く仕上がる。ツヤが出る。密着度は低い。

●スポンジ →→→ファンデの消費量が多い。マットに仕上がる(油分が少なくなる)。

●指 →→→厚く仕上がる。


そして、どんなファンデでどんなツールを使っても、その使い方はこの2つ。

「パッティング」「ストローク」

カバー力が欲しい箇所は「パッティング」、ツヤが欲しい箇所は「ストローク」するのが基本。

Image title

これを顔の中で組み合わせるのが、小顔メイクのポイントです。

そのとき重要になってくるのが、塗る方向

下の図を比較してみましょう。

Image title

斜線が上に向かって伸びている四角形と、下に向かって伸びている四角形。

どちらが上がって見えますか?という話。

下に向かって伸びている方が、びよーんと上がって見えますよね。


ベースメイクも同じ。

なんと、ファンデは下向けに塗る方が、顔が上がって見えるのです。

本日2つめのウロコ落ちポイントでした。(完全に上向けにしてた。。リフトアップするかもと思って。。)

Image title

ここで使われているのは、私も愛用している資生堂のファンデーション ブラシ 131


というわけで、【アンチエイジング×小顔】なファンデの塗り方は、


①頬の三角ゾーン(※)から下向けにストローク。←ツヤ

②ファンデを付け足さず、フェイスラインをぼかす。

③まるく磨き上げていく。

④カバー力が欲しい箇所に、ファンデを付け足してパッティング。←カバー


頬の三角ゾーン(※)は、一番しっかり塗り込みたい箇所。ファンデは最初に付けたところが一番濃くなるので、ここから塗り始めます。

怪しい顔面図、再登場。

Image title

この「×」が付いてるのが薄付きでよい箇所。てか、ほとんどです!


なお、ここでmariaちゃんから質問がありましたが、話題のクッションファンデも、下向けストローク、最後にパッティング。が正しいそう。


長くなりましたので、続きは後日!

最大のウロコ落ちポイント「え?そこにハイライト入れちゃいけなかったの、、?」は次回お送りします。


sygneちゃん、mami先生、ニャーコさん、mariaちゃんと♡

Image title


RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN