メイクもヘアもファッションも、トレンドを先駆けるマキアモデルがこの秋したいメイクを「MAQUIA」12月号からご紹介。今回は林田岬優ちゃんにこの秋のおしゃれ計画をまるごと教えてもらいました! Image title

シュガーレスな駆け引きメイクで目指すはハンサムな彼女

可愛いって言われるより、カッコイイって言われたいからこの秋冬の私は、メイクもファッションも甘さ控えめ。チークは血色よりも骨格を強調する役割にチェンジ。ジェントルなムードを演出する一方で、プラムのリップをオン。鮮烈な赤ってミニマムに効かせるほど女性らしさを際立たせてくれるから、女っぽさのスパイスは1つで充分。


Make-up

ディーププラムの唇に女性らしさを一点集中!
「シェーディングカラーで骨格を強調したチークとあえての無造作ヘアでクールにまとめたスタイルに、プラムリップをポンと効かせてイイ女っぽさを狙いました。顔全体につながりをもたせるため、まぶたを赤みブラウンのグラデーションに」

Image title

Aの左側半分をブラシにふくませ、骨格の下のラインを際立たせるように往復させる。表情が一気にシャープに。

Image title

A 濃淡のブロンズカラーをグラデーションにしてセット。骨格をナチュラルに際立たせるだけでなく、繊細なパールがなめらかな肌を演出。アイ アンド チーク シャドウ 01 ¥7500/トム フォード ビューティ(限定色)


内側が濃く、輪郭に向かってフェードアウトしていくように、中央たっぷりめに塗る。仕上げに指でトントンと叩いてぼかし、色みを唇にステインさせて。

Image title

B ブロンズを感じるプラム。グロスのツヤやかさとルージュの美発色がワンストロークで実現する秀逸な一本。ルージュ アリュールグロス クリック 24 ¥4000/シャネル(限定色)


Image title

Other Items

C ツヤめくモーヴはアイホールに。ザ アイシャドウ Shanghai Breakfast、D マットなレッドブラウンは上まぶた全体に。同 Truffle、E レッドブラウンを上のキワ全体に。同 LaMamounia、F レッドブラウンを下まぶたにフルで。同 Café Solaire 各¥2000/アディクション ビューティ G ブロンズのラインは上まぶたの粘膜に。スティロ ユー ウォータープルーフ 919 ¥3000/シャネル H 上まつ毛はボリューム&セパレートマスカラで。ラッシュクイーン クリーンボリューム ブラック 01¥4800/ヘレナ ルビンスタイン I 中央で眉の隙間を埋める。ブロー スカルプティング キット 02 ¥7800/トム フォード ビューティ


【次ページをチェック!】モデル林田岬優の秋ファッション&ヘアのポイントは?≫≫

Image title

Hair

なんちゃってショートな
無造作ひとつ結び

「アイロンで適当に毛束をとってゆるく巻いてから、顔まわりの髪をおろし、襟足付近でひとつ結びに。これがこの秋冬の本命アレンジ。無造作感がおしゃれだし、前から見るとショートみたいでボーイッシュにうつるのがいいなって思ってます」

Image title

Fashion

クールで女性らしい
洗練シンプルなコーデ!

「夏まではパリっぽい甘い雰囲気に憧れていたけれど、秋からはカッコよさの中に、女らしさをチラりと潜ませたシンプルなコーディネートにシフトしたい気分。メイクと同じで、ファッションもとことん甘さを抑えていきたいです!」


MAQUIA12月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 魚地武大(物) メイク/山下小百合〈3rd〉  ヘア/fumi スタイリスト/松島 茜〈io〉 モデル/林田岬優  取材・文/石橋里奈 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

鈴木えみ、こじはる、市川紗椰、野崎萌香・・・【マキアモデルの秋の本命メイク 特集】≫≫


この秋、主役はEYEとLIP【レディを盛る新メイクバランス】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share