大人女子が目指すべきは、気品や知性を感じさせる“センシュアル”なメイク。「MAQUIA」12月号に掲載中のメイクから、迫力のあるインライン使いと、シャドウ&リップの指ぼかしテクが絶妙な無防備さを演出する、夜のセンシュアルメイクをお教えします。Image title

夜のセンシュアルメイク

「女性はメイクひとつでいくつもの顔を作れるんだから、活用しない手はないよね。ときにはこんな強いメイクで、ギャップを狙って。キレイにメイクしようとは考えず、アイシャドウやリップは指で雑にボカす。インラインは上下に引きつつ、あえてアウトラインはノーライン。強さはあるのに、どこか無防備。その隙に、また惹かれてしまうんだ」(河北)


「こんな私、見たことない! 

モードフェイスが新鮮!」(陽菜)


【次ページをチェック!】夜のセンシュアルメイクのつくりかた≫≫

How toImage title

Aパレットの右から二番目のベージュをアイホール&下まぶた全体に。上まぶたには横広に描いて。右端のカーキはアイライナー代わりにキワに引く。クレ・ド・ポー ボーテ オンブルクルールクアドリn 302 ¥7500(セット価格)/資生堂インターナショナル 

B アウトラインはあえて引かず、インライン上下にBを。深く、印象的な眼差しに。インテグレート キラーウインクジェルライナー BK999 ¥950(編集部調べ)/資生堂

C 根元からとかすようにCを塗る。コームできちんととかして。インテグレート マツイクガールズラッシュ(お色気ロング) BK999 ¥1200(編集部調べ)/資生堂 

D 唇全体にDを塗り、指で軽くボカしてアウトラインを曖昧に。資生堂 パーフェクトルージュ BR757 ¥3500/資生堂インターナショナル 


MAQUIA12月号

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル) 冨樫実和(物) ヘア&メイク/河北裕介 スタイリスト/佐山ミキ モデル/小嶋陽菜(マキアモデル) 取材・文/谷口絵美 構成/中島 彩(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

河北×こじはるメイク【朝・昼・夜のセンシュアルメイク】≫≫


ぐっとくる要素はツヤと色気【男性の理想メイクBest10】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share