トップヘアメイクアーティストが新作コスメを使って提案する、この秋いちばんのハッとするフェイスとは? 「MAQUIA」11月号より、ヘア&メイクアップアーティスト朝日光輝さんの秋メイクのHOW TOをお届け!

Image title

朝日光輝さんのこの秋ハッとする女とは…

Image title

Image title

ハッとさせるためのキーアイテムとして、“ハイライト”を選択した朝日さん。
「顔の平らな部分に光をプラスして広がりを持たせ、肩の力の抜けた柔らかさや女性の優しさを表現したかったんです。その分、目尻のアイラインとサイドに入れたチークで引き締め、横顔には色気を宿す。そんな不意打ち、嫌いな男性はいないですよね」

Image title


【次ページをチェック】正面と横顔のギャップにドキッ、朝日流・秋メイクのHOW TOをレクチャー≫≫

Image title

Image titleブラシでパウダーを混ぜとり、額の丸みに沿ってふわりと入れる。眉間から鼻の付け根まであえて太め、頬中心には縦ラインに入れて広がりを。目尻周りのCゾーン、目の下にもひとはけさせて。

Image title

3色パールを組み合わせ、肌の内側から発光するかのような仕上がりを実現。タンミラク イリュミナイザー ¥6500/ランコム

Image title

1のペンシルで、眉尻から1本ずつ描き足していく。眉頭は抜け感を出すために描きすぎないのがポイント。次に2のパウダーアイブロウの左の色で、同様に眉尻からブラシでふんわりとなじませる。

Image title

1 ペンシルながら、パウダリーのようなソフトな描き心地。スルスィルプードル 693 ¥2900/パルファン・クリスチャン・ディオール 

2 ブロー スカルプティング キット 02¥7800/トム フォード ビューティ

Image title

二重幅から眉下まで3を広げ、茶色のペンシル4で上まつ毛の根元を埋める。5のゴールドを二重幅に塗り、目尻の延長線上に3㎜程はみ出すように6でアイラインを。そこからつなげるように、下まぶたの目尻のキワを3のアイシャドウで締め、軽くビューラーをしたまつ毛上下にマスカラ7を塗る。

Image title

3 見た目以上にシアーに色づき、発色調整もお手のもの。ほんのり影を生む絶品ブラウン。デュアルインテンシティーアイシャドー 1937 ¥3000/NARS JAPAN 

4 ブラウンならではの柔らかさと、目もとを引き締めるコクを両立。ソフトな芯で描きやすさも抜群。スティロ ユー ウォータープルーフ 921 ¥3000/シャネル 

5 メタリックな輝きが印象的な眼差しをバックアップ。インジーニアス リクイドアイライナー EX 02 ¥2800/RMK Division 

6 肌の上でピタリと密着。使い方次第で、様々なニュアンスを演出できる。ディオール アディクト フルイド シャドウ 545 ¥3700/パルファン・クリスチャン・ディオール 

7 特殊なコームで根元から攻略可。インテグレート マツイクガールズ(おてんばカール) BK999 ¥1200(編集部調べ)/資生堂(10/21発売)

Image title

ベースメイクを仕上げた後に、頬骨位置に真横に指2本分をなじませる。正面から見たときに、あまり見えないよう側面にとどめて。

Image title肌に溶け込み、血色感がアップ。ルナソル カラーリングクリーミィチークス 01 ¥3500/カネボウ化粧品

Image title

塗りました感を出さず、あたかも唇の色のような質感に仕上げるため、指先でトントンとなじませるように塗布を。

Image title鮮やかな朱赤で、メイクの“止め”に。ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ313 ¥4000/イヴ・サンローラン・ボーテ(限定品)

Image title

MAQUIA11月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/朝日光輝〈air〉
スタイリスト/石田 綾 モデル/林田岬優 取材・文/森山和子 構成/伊藤かおり(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

★【こじはるの凛とした眼差しにドキッ】 濃紺シャドウラインが生み出すドラマチックアイ≫≫


大人可愛く色っぽく! 【恋させメイク術10本勝負】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share