撮影現場でも話題の、岡田知子さんのベースメイクテクニックにクローズアップ。正直ハイレベル、だけど様々なイイコトがあるという「レイヤードベース」の魅力に迫ります!

レイヤードベース 重ねテク 岡田知子 ベースメイク メイク

魔法の“重ねテク”で、肌に、私に、自信が満ちる!

レイヤードベースのススメ。

「顔はもちろん、カラダまで凜とシャープに見える!」。とある撮影現場で皆が思わず息を呑んだ、岡田知子さんのベースメイクテクニック。そこから生まれたこの企画は、手間と時間を惜しまない人だけに贈る、究極の肌づくり講座。いくつものアイテムを緻密に重ねてつくるベースメイクは正直、ハイレベル。でもそれを極めた先にある“クチュール肌”は、きっとあなたを輝かせる最高の武器になるはず。

ヘア&メイクアップアーティスト

岡田知子さん

エフォートレスでいてどこか意志を感じさせるメイクに定評が。スタイルと洒落感のある独特の肌づくりが注目を集める。

色や質感を緻密に重ねる“レイヤードベース”のメリットって?
レイヤードベースの最大の特徴は“顔周りに一段暗いファンデーションを仕込む”こと。それ以外にも多くのアイテムを重ねるからこその、様々なイイコトが!

メリットいっぱい“レイヤードベース”って? 私を輝かせる魔法の重ねテクを岡田知子さんが解説_2

1 肌トラブルが不思議と目立たなく
「レイヤードベースならフェイスラインの肌荒れカバーもお任せ。顔周りをトーンダウンさせることで肌トラブルに影が落ちたようになり、コンシーラーなしでも自然と目立たなくなります。もちろん、肌が暗く見えたりはしませんよ」(岡田さん・以下同)。

2 甘い色のメイクも大人っぽくハマる
「あるべきところに光と陰影を感じる“クチュール肌”さえ手に入れば、パステルアイカラーやふんわりチーク、キラキララメだってどこか洗練されたムードに。あなたを格上げするのはポイントメイクよりも肌印象。“さりげないのに他とは違う”人を目指して」。

3 手間をかけることで、気持ちまで整う
「多くのアイテムを手間と時間をかけて重ねていくこのベースメイク、毎日やってね!とは到底言えません。でもだからこそ、ここぞという日にこの肌で挑むと、心がしゃんとする。肌に手をかける時間が自分を慈しむひとときになり、自尊心をも育んでくれるんです」。

4 カラダまですっきり痩せて見える!
「撮影現場でも言われます、『小顔効果はわかるけど、カラダもすっきり見えるのはなぜ?』って。重ねテクで輪郭が視覚的に引き締まると、スタイル全体もシャープな印象になるんです。膨張色の服も堂々と着こなせるはず」。


MAQUIA 2月号
撮影/五十嵐隆裕〈SIGNO〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/岡田知子〈TRON〉 スタイリスト/コギソマナ〈io〉 モデル/石田夢実 構成・文/小川由紀子 企画/吉田百合(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2022年1月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share