「MAQUIA」7月号では、「これが自分!」という“らしさ”のリミッターを外すメイクをご紹介。人気メイクアップアーティスト吉川康雄さんが、新しい田中みな実さんを創ります!

【吉川康雄×田中みな実】“くすみ”さえ味方につけた色っぽメイクにTRY!_1

吉川康雄×田中みな実
メイクで外せ!
私の見えないリミッター

[最新みな実Face]
"くすみ"さえ味方につけた
ジューシーな色っぽメイク

吉川これは、前ページで作った“最高の素肌”にメイクをプラスするイメージ。人が持つ肌のくすみ感をあえて引き出す色を使ったんです。軽やかな色っぽさが、逆にセクシーなんじゃないかなって。
田中確かに、ちゃんとメイクをしているのに、作り込んだ印象がないんですよね。私の感覚ですが、こんなに軽やかで肌が美しく見えるメイクは、ちょっと経験がない!
吉川そうかもしれない。メイクは劇的じゃなくていいんですよ。“ちょっとイイ感じ”ってくらいで。
田中本来持っているまぶたと唇のくすみを自分の素材として活かすアプローチも斬新。このメイクを褒められたら、自分の素材の良さを褒められているようで嬉しい。

田中みな実さん

メイクをしているのに
こんなに軽やかだなんて!
―― by MINAMI

Eye
くすみを味方につけて
エキゾチックなピンクの目元に

――by YASUO

アップの田中みな実さん

Eye HOW TO

( HOW TO )
まぶたにはファンデーションを塗らず、素肌のくすみや色を活かすのが重要に。アイシャドウパレットA右下のシアーな赤みピンクをブラシにとり、アイホール上部にサッと広げる。その上に、マルチカラーのBを指でとってトントンと重ねて赤みをプラスしたら、まつ毛のキワにパールタイプのボルドーのアイライナーCを細く引いて、目元をワントーンにまとめて。


A オイルコートされたパウダーで、じんわりと色づくように発色。濃淡もコントロールしやすい。エレガンス ヌーヴェル アイズ 31 ¥6050/エレガンス コスメティックス B キュンとするほどヴィヴィッドなベリーピンク。肌にのせると驚くほど馴染む。ファシオ マルチフェイス スティック 05 ¥990(編集部調べ)/コーセー C レッドパール輝くバイオレット。ソフトメタリック アイペンシル 01 ¥3080/RMK Division(限定品)

Cheek & Lip
頬にはツヤやかなピンクを、
唇には透明感を感じさせる
ボルドーでわざとくすませて

――by YASUO

Cheek & Lip HOE TO

( HOW TO )
ベースメイクのツヤを消さないように、クリームタイプのマルチカラーDを頬広めに馴染ませる。シルバーが輝く白みを帯びたピンクで、輝きも立体感もキープ。吉川さん曰く“くすみの色”というボルドーリップEを、スティックのまま唇にたっぷりと直塗りする。軽くではなくしっかりとくすみ色を発色させることで、クリアな透明感の中に、奥行きを感じさせる深みを宿すことが出来る。


D 目や頬、唇と自由なメイクを楽しめるマルチアイテム。シルバーパールが潜むベビーピンクは、涼しげで大人な表情にもマッチ。ニュアンス フェイスカラー 03 ¥2750/OSAJI E 強さとセクシーさを併せ持つ、ブラウニッシュなボルドー。素の唇と混ざり合うシアー発色。また、自然に指でサッと輪郭をなぞったかのように仕上がる塗布面の丸みもこだわり。モイスチャーリップスティック グロウ 04 ¥3960/UNMIX(7月1日発売)

Profile
吉川康雄
メイクアップアーティスト。新ブランド“UNMIX”ビューティクリエイター。自分自身を愛するためのツールとしてのビューティを発信し続け、その哲学やモノづくりで多くのファンを持つ。


田中みな実
女優、フリーアナウンサー。ドラマやCM、バラエティ等、軽やかにボーダーを超え、幅広いジャンルで活躍。また、美容に関する豊富な知識と経験から、男女問わず憧れる人が続出中。

MAQUIA 7月号
撮影/ISAC〈SIGNO〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア/MIHO EMORI〈KiKi inc.〉 メイク/吉川康雄 スタイリスト/西野メンコ モデル/田中みな実 取材・文/森山和子 構成/吉田百合(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share