「MAQUIA」7月号では、新体験の色や輝きが豊富な夏のトレンドカラーの使いこなしを大研究。いつものメイクにプラスすれば、旬顔の出来上がり!

どんな色でも、臆せずTRY
夏トレンドカラーの似合わせ方

この夏本命のトレンドカラーを、存分に楽しみつくすために。冒険カラーも、トライしてみたかった色も“絶対似合う”のお墨付き!

夏気分を盛り上げていこう♪
まだある!トレンドカラー使いこなし術

新体験の色や輝きが豊富な2020年の夏新色。どう使う? どう組み合わせる? そんな疑問に全力回答します。

たっぷり塗っても重くない透けレッド

日差しに映えるツヤ感
シアーレッドリップ

たっぷり塗っても重くない透けレッド
ジェリービーンズのようなぷっくりしたボリューム感を叶える赤グロスは、たっぷり塗っても重さがないから夏にぴったり。目元やチークは引き算が正解。

人気リップが限定カラー&パッケージで登場。ハイビスカスのような鮮やかレッド。クラッシュド オイル インフューズド グロス L02 ¥3500/ボビイ ブラウン(限定品)

黒ライナーとのWラインで色を強調

主張強めな
キラキラライナー

黒ライナーとのWラインで色を強調
ラメのアイライナーは肌になじんで、色や質感がぼやける可能性も。まず黒のリキッドアイライナーで締めてからラメライナーを引くと、輝きが際立つ!

瞬きするたびに煌めく華やかなパープル。軽くぼかしてアイシャドウとしても使える。ルナソル フラッシュクリエイター EX05 ¥3000/カネボウ化粧品(6/12限定発売)

まぶた上下に大胆にぼかして

輝きの印象が上質
メタリックシャドウ

まぶた上下に大胆にぼかして
メタリックラメのシャドウは、指でのラフ塗りがオススメ。まるで水面のようにゆらゆらと揺れ動くような輝きになり、吸引力たっぷりな瞳印象に。

どの角度から見ても煌めく、メタリックパールシャドウ。クリームのようなテクスチャーで密着力も文句なし。パワークローム ルースアイピグメント 9138 ¥3200/NARS JAPAN(限定品)

ベースの延長として肌トーンを底上げ

誰でも愛され顔に♡
ラベンダーチーク

ベースの延長として肌トーンを底上げ
チークとしてではなく、ベースの延長として使うイメージ。ファンデ後、頬全体に広めになじませるだけでOK。パウダーは使わず肌のツヤ感は死守して。



微細なホワイトパールを配合し、ツヤめく頬に。ほんのりミルキーがかったラベンダーカラーが、透明感と柔らかな表情を作り出す。シマー リクイド ブラッシュ 103 ¥3900/SUQQU(限定品)


MAQUIA 7月号
撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/西野メンコ モデル/泉 里香 森絵梨佳 カラー監修/榊原貴子 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share