「MAQUIA」8月号では古都“鎌倉”の街を愛してやまないモデル・野崎萌香が、浴衣に旬のヘア&メイクをまとってお気に入りスポットをナビゲート。今日は風情溢れる長谷寺をご紹介。

Image title


 

静寂な空気に満ちた

境内の小路を歩く日は

紅色を宿した表情で

凛と佇みたい

――――――――長谷寺


 

Image title

ねじりを重ねて作る無造作な結い髪

ざっくり全体を巻いてから逆毛を仕込み、2段に分けてねじりながらアップ。レディなメイクをラフなアップスタイルでカジュアルダウンして、計算ずくの抜け感と今っぽさを。


 

HOW TO

Image title

トップに逆毛を立て全体を1:9に。9側の前髪を外側にねじり、耳上でピン留め。


 

Image title

フェイスラインの髪をねじりながらバックへ。左右2つの毛束を片サイドでピン留め。


 

Image title

残りの髪を2束に分け、毛先を2のねじり目に巻き込みながらくるくるとまとめる。


 

Image title

花びらを重ねた八重菊に、ニュアンスのあるグリーンのストーンがアクセント。ノスタルジックなムードのピン。¥2900/SUZUKI


 

【次ページをチェック】色香をそえる血色がポイント。はんなり和メイクのつくり方≫≫

赤チーク&リップの血色感は、和とも好相性


頬と唇を彩るシアーな血色感は、白地に藍の清々しい浴衣に艶っぽさを添えてくれます。やりすぎメイクは厳禁だから、目元は引き算。長いまつ毛で伏目の可愛さと色気を狙って。

Image title

HOW TO


【EYE】ブラウンのマスカラ1を上まつ毛の上から毛先に向けてつけ、次に下から重ねる。伏目にしたときに印象的な長いまつ毛に。


【CHEEK】 2を指で、黒目の下から目尻の脇に、斜めの楕円を描くように入れる。頬の上に入れることで浴衣に似合う和な雰囲気に。


【LIP】 2を唇の中央に指でラフにのせ、3を淡く重ねてツヤをオン。


 

Image title

1セパレートしながらボリュームアップ。優しげなブラウン。ファシオ スマートカール マスカラ(ボリュームEX) BR300 ¥1200/コーセーコスメニエンス 


2肌の色になじむピュアな血色感を演出。rms beauty リップチーク beloved¥4800/アルファネット


3シアーなレッド。重ね方でツヤ感自在。グロス・レヴェラトゥール・インテンス ピンキッシュレッド ¥3500/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ](8/7限定発売)
Image title


MAQUIA8月号

撮影/神戸健太郎(モデル) 亀田 亮(物) ヘア&メイク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/松野裕子 着付け/大竹恵理子 モデル/野崎萌香 取材・文/石橋里奈 構成/山下弓子(MAQUIA) 撮影協力/長谷寺



【MAQUIA8月号☆絶賛発売中】


≪関連リンクはこちら≫

今年こそ自分で着付ができるようになりたい! お得な【ビューティ講座】を今すぐCHECK≫≫


 ★浴衣にマッチするデザインを選ぼう【夏ネイルトレンド手帖】≫≫

MAQUIA2020年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share