「MAQUIA」10月号では、秋冬の新作ファンデーションを大特集。美容好きな劇団雌猫の本音トークから、ベースアイテムのリアルな買い替え事情に迫ります!

Image title

全員平成生まれの美容好き

劇団雌猫が、リアルな“買い替え事情”に迫る

「新作ファンデ&ベース」
欲しくなるのは、こんな時

「季節の変わり目だからといって、新作ファンデに買い替えようとは思わない」という劇団雌猫の本音に、高橋里帆さんがアンサー。リアルな買い替え事情に合わせて、新作をお見立て!


ヘア&メイクアップアーティスト

高橋里帆  ×「劇団雌猫」が分析

「新作ファンデ&ベース、

買うには理由がいるんです!」

Image title

「劇団雌猫」ってどんな人たち?

平成生まれのオタク女性4人組によるサークル。近著に『本業はオタクです。』(中央公論新社)。『FEEL YOUNG』(祥伝社)にて『だから私はメイクする』(柏書房)がコミカライズ連載中!

Image title


ボーナスが出ても「ファンデ買おう」とならない

里帆 はじめまして。今日は、秋冬の新作ファンデ選びをお手伝いしにきましたよ〜。

ひらりさ ふだん一度に並べて試せないから、プロのアドバイスでたくさんの中から選べるなんて貴重!

もぐもぐ ほんとほんと。でも、ファンデってなかなか買い替えなくない? 使い終わってないのに新作見てもキリがないから、情報入れないようにしてる。

かん 中身が減って、ボロボロになってロゴの刻印が読めなくならないと買い替えようとは思わないかも。

ユッケ ボーナスでデバコス買お♪って時は、たいてい色物。ファンデは値段も高いし、気分じゃ買えない。塗る面積が広いから、生まれ変わってキャラ変えする覚悟がないと……。

里帆 みんなそう簡単に浮気しないんだね。春夏から秋冬に切り替わるタイミングで買い替えるのが当たり前だと思ってた!

ひらりさ 私の場合、一応季節で買い替えることが多いかな。春夏は紫外線ダメージが気になるのでUVカット重視でSPFとかで選んでます。でも、秋冬は悩みが乾燥に変わる。


Image title

「アラサーの乾燥は目の周りから忍び寄る。ピキピキひび割れるのが耐えられない!」(ユッケさん)


ユッケ 確かに、オフィスも外も乾燥がひどくなるよね。アラサーになってから、夕方になると目の周りがピキピキになるという課題が。

里帆 秋冬の方が高保湿なものが多いから、乾燥が気になった時は、一つの買い替えどきだね。

ひらりさ あとは、友達が可愛い時。同じ夏を過ごしていたのに、あの子の方が可愛くなっていた……。

かん 確かに。肉眼でわからなくても、集合写真で、自分だけ盛れてないと、変えたくなる。


Image title

「会ってる時はわからなくても、後で写真を見た時に自分だけ盛れてないと、買い替えを検討したくなる」(かん)



MAQUIA10月号

撮影/藤澤由加(座談会) ヘア&メイク/高橋里帆〈Happy Star〉 イラスト/kamochic 取材・文/長田杏奈 構成/木下理恵(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share