屋外では、メイクが崩れ、汗や皮脂などのテカリも相まってお手上げ状態に。「MAQUIA」8月号から、屋外にいても涼やかな表情でいられる質感MIXメイクをご紹介。

Image title

Place【プレイス】
肌&頬

屋外ならマットファンデツヤのチーク&ハイライト質感MIXで艶めき肌

Image title

太陽の日差しが強い屋外では、メイクが崩れやすく、汗や皮脂などのテカリも相まってお手上げ状態に。ベースはカバー力のあるファンデーションでマットに仕上げ、チークとハイライトで必要最低限の部分にだけツヤ感を加えれば、肌の荒れもテカリも払拭でき涼やかな表情に。


屋外でも涼やかな“艶めき肌”に!マットなファンデーション×チーク&ハイライトの質感MIXテク_1_1

1 粉っぽさゼロのパウダリーファンデ。薄づきなのにカバー力抜群で、まるで素肌のよう。アンクル ド ポー コンパクト B30 SPF23・PA++ ¥7200/イヴ・サンローラン・ボーテ 2 肌なじみのいいピーチピンク。NARS ブラッシュ 4069 ¥3400/NARS JAPAN(限定品) 3 上品なツヤ感を演出するローズゴールド。フレッシュグロウ ハイライター 04 ¥7400/バーバリー

屋外でも涼やかな“艶めき肌”に!マットなファンデーション×チーク&ハイライトの質感MIXテク_1_2

MAKE-UP POINT

太陽の光を利用して爽やか立体ツヤ肌に
顔全体に1のファンデーションを軽くたたき込む。2のチークを頬骨に沿って日焼け風にシャープにのせ、3のハイライトを目の下、鼻筋、鼻頭、あご先にひと刷毛。太陽の光を集めてメリハリのあるツヤ肌に。

屋外でも涼やかな“艶めき肌”に!マットなファンデーション×チーク&ハイライトの質感MIXテク_1_3
屋外でも涼やかな“艶めき肌”に!マットなファンデーション×チーク&ハイライトの質感MIXテク_1_4


MAQUIA8月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉  スタイリスト/松島 茜〈io〉 モデル/泉 里香 取材・文/佐藤 梓 構成/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share