「MAQUIA」10月号に掲載中の『人気20ブランドのブラウンパレットで印象劇的チェンジ!』では、人気アーティスト千吉良恵子さんと中山友恵さんが、今シーズントライすべき秋メイクを提案中。今回はDiorの秋新色ブラウンパレットの魅力をお届けします!

Image title


Dior

パルファン・クリスチャン・ディオール

サンク クルール〈スカイライン〉 506

エッフェル塔のエンボスが美しいパレット。ベージュブラウンにスカイブルーがパリシックな組み合わせ。¥7700(限定品) 

Image title

FACE1

ブラウンでも女子力

アップのグラデメイク

Image title

控えめな印象なのに、目を伏せた瞬間、どきりとするほど官能的な印象を与えるこのアイメイク。「ナチュラルなブラウンを大胆にハーフグラデしたまぶたは、目を伏せたときが勝負どき。控えめなのに華やかだから、男性受けもいいはず」(千吉良さん)。ボルドー系リップは軽くティッシュオフして色香を加減して。


POINT

大胆なハーフグラデは

伏し目がちで勝負!

Image title

OTHER USE ITEM

Image title

a 一瞬でボリュームのある艶やかな仕上がりはもちろん、素まつ毛までボリュームアップ。ラッシュ クイーン ワンダーブラック 01 ¥5300/ヘレナ ルビンスタイン  b ジェルオイルがふんわり頬に溶けこむように発色。唇にも使える。エピック ミニ ダッシュ 03 ¥3000/THREE c 濃密な仕上がり。9496は白肌効果を引き出すオーキッド。オーデイシャスリップスティック 9496 ¥3600/NARS JAPAN(9月9日発売)


HOW TO MAKE

Image title

上まぶたを大きく縦に2分割し、目頭側に1のライトブラウンを、目尻側には2のキャメルを。立体感を意識しながらぼかしていく。下まぶたの目尻から1/3程度に3を描き入れたら、4をくの字になるよう目頭を囲んでつなげていく。グレーのきらめきが濡れたように見える効果も。上まつ毛はaのボリュームマスカラをたっぷり、bのチークをグロウな質感で仕上げ、唇はこっくりしたcで彩っていく。


【次のページをチェック!】ブラウンパレットで作りだすピュア秋顔のつくり方♡  》》

FACE2

無難になりがちな色を

ピュアで可憐に昇華

Image title

ブラウン×ブルーというパリシックなアイカラーパレットから、ブルーを差し色に選んだ千吉良さん。「ナチュラルで温かみがあるのがブラウンメイクの良さだけど、ブルーとボルドーブラウンを組み合わせることで、こっくり見えるのに透明感がアップ。目頭の輝きでよりピュアに」。ブラウンメイクの可能性を再発見。


POINT

透明感のあるブルーで

ブラウンさえピュアな印象に

Image title


OTHER USE ITEM

Image title

a 艶やかな漆黒のボリュームまつ毛に。まつ毛のケア効果もしっかり。スーパーボリューム マスカラ 01 ¥3800/クラランス カメオモチーフのパウダーチークはふんわり甘く発色。ミニ プレスト チークカラー 08 ¥2500/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ 唇にうるおいを与え、なめらかに整えるイノセントなコーラル。キスキス リップスティック 500 ¥4300/ゲラン(限定色) 


HOW TO MAKE

Image title

アイホール全体に5のブルーをなじませたら、キワに3のボルドーブラウンを入れ、上に自然にぼかしながら、目尻部分は外に流す。目頭はくの字形に4のシルバーグレーで囲み、うるんだようなきらめきをプラス。マスカラは黒であっさり、頬はコーラル系のチークをふんわり丸く、唇はヌードカラーで艶やかに。抜け感のあるピュアな印象を意識して。


MAQUIA10月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉 魚地武大(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/後藤仁子 モデル/泉 里香 イラスト/ホンダシンイチ 取材・文/安倍佐和子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share