パレットとリップ2本だけでも毎日のメイクに変化はつけられる! 「MAQUIA」8月号に掲載中の『メイク着回し5Days』特集から、パレットとリップの組み合わせによって印象の違う2つの表情をつくる、着回しメイク術紹介します。

Image title

おしゃれ美女 えみ

旬度の高いネイビーが主役のパレットに、上品なつやが美しいピンクベージュリップ、1本で視線を引き寄せる主役級の赤グロスのセットで大人っぽくも今ドキの顔に。

Image title

① 着回し力大の夏の抜け感パレット

THREE 4Dプラスアイパレット 07

ベーシック色に旬ネイビーをインしたパレットは、印象チェンジに◎。シアーな発色で、涼やか&使いやすい。¥6200


② 誰にでも似合う鉄板ピンクベージュ

エスプリーク ルージュ グラッセ BE807

つやと温かみのあるピンク。シーンを選ばずいきいきとした表情に。¥2300(編集部調べ)/コーセー(7/16限定発売)


③ ほのオトナなこなれ渋赤グロス

シャネル レーヴル サンティヤント アクア 608

ぼかし使いすればおしゃれ顔に、輪郭をとれば唇主役の華顔に。渋みときらめきをたたえた、熟した赤。¥3500(限定品)


Day1

シンプルな目元と透ける赤唇で、

ナチュラルな魅力を開花させて

Image title


How to Make up

Image title

Image title

オープンカフェでの打ち合わせや外デートなどの自然光の下では、気合を入れすぎたメイクほど悪目立ちしやすいもの。特に目元には、“抜け感”を意識することが重要! まぶたは、まずパレット1dをアイホール全体に。手持ちのブラウンライナーを目のキワに引いたら、そのラインの上に再びdを重ねて、自然な陰影のある眼差しに。血色を補うため、唇には3の渋赤グロスを、素の唇が透けるよう薄くオン。



【次のページをチェック!】着回し2日目 忙しい日を元気に乗り切るハッピーメイクはこちら! 》》

Day2

仕事が山積みの日はフレッシュなチーク

をプラス。気持ちをハッピーに切り替える

Image title


How to Make up

Image title

Image title


仕事が山積みの忙しい日や残業確定日は、時短とお疲れ顔&メイク崩れ対策をまるっと叶えるのが先決。いきいき元気に見えるチークをメインにしつつ、目元も唇もミニマムに仕上げるのがおすすめ。唇は2をささっと直塗りを。この日の特別アイテムであるクッションチークは、頬骨の高いところから逆三角形になるよう広めになじませて。

プラス1アイテム

肌に艶やかな光の流れとじんわり自然な血色感が生まれ、いきいきとしたメリハリのある顔立ちに。驚くほどみずみずしい、リキッド状チーク。クッションブラッシュ スプティル 021 ¥5600/ランコム



MAQUIA8月号

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 久々江 満(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

※Amazonはコンパクト版のみの取扱いです。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share