MAQUIA創刊当時から、変わらず今も絶大な読者人気を誇る千吉良さん。その秘密は、どのメイクも自分&周囲をHAPPYにするスパイスが根底に潜んでいるから。 その引き寄せの魔法を、「MAQUIA」1月号から丸ごと公開します!

Image title

千吉良恵子さん

愛される朗らかな人柄、どんな悩みも消し去る凄腕、旬の空気を絶妙に取り入れた好感度抜群のメイクと、なんでもお任せあれのメイクの神様。


千吉良流 must Rule

立体&黒目がちEYEで、瞳力UP
旬の女らしさを潜ませた、瞳力MAXの眼差しに。秘密は、まぶた中央のキラメキと、黒目中央を強調したライン、下まぶた目尻に効かせた赤み。どれも、さりげなくがポイント。

Image title


瞳の強さを増すのが鍵“引き寄せ” アイのつくりかた

Image title

カラーレスなキラメキシャドウを上まぶたの中央と、目頭に“くの字”にオン。立体感を演出。

Image title

シャンパンベージュ。ザ アイシャドウ Mariage(P) ¥2000/ アディクション ビューティ


Image title

リキッドライナーで目頭から目尻のキワにラインを引く。目尻から水平に引き、やや切れ長に。

Image title

インラインも楽々描ける、繊細な筆先が自慢。プリティ イージー リキッド アイライニング ペン 01 ¥2600 /クリニーク


Image title

リキッドライナーを下からあてるようにして、目頭から目尻までまつ毛の間を埋めていく。


Image title

 ペンシルライナーで黒目の上のみ再び太めにラインを重ねていき、黒目を強調。

Image title

柔らかな深い黒。適度な硬さの芯だから、描きやすい。コーライナーリッチブラック¥2800 / NARS JAPAN


Image title

マスカラは、ダマができると“人工感”が出るので丁寧に。上下とも扇状に塗り広げて。

Image title

マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー エッジマイスター&パーフェクトオートマティックライナー VI777 ¥1800 /資生堂(限定品)

Image title

Aのキラメキシャドウを、下まぶた全体にチップでのせて、瞳にうるうる感をプラス


Image title

舞妓さんが下まぶたに赤みを差すように、目尻側1/3に指でポン。これだけで女らしさ満点に。

Image title

センシュアルな眼差しに。イリュージョンドンブル 857 ¥3800/シャネル(限定品)


【次ページをチェック】鮮やかリップをつけこなすコツを大公開!

千吉良流 must Rule

鮮やか口紅で唇を染めるように
肌づくりで自分らしさが透けていれば、リップは今っぽい鮮やかな色を使ってもするりとなじむんです。ムラづきや厚膜で人工感が出ないよう、薄く染めるように塗るのがコツ。

Image title

丁寧さがなじみの鍵!“引き寄せ”リ ップのつくりかた

Image title

カサカサ唇はムラづきの原因なので、ベースメイク中にリップバームをたっぷり塗って保湿を。

Image title

ラップ効果で潤いを集中ケア。リップ コンセントレイト バーム¥5 0 0 0/SUQQU(12/ 1発売)


Image title

鮮やか口紅を、まずは下唇だけに塗り、上下の唇を「んぱっ」と重ね合わせて広げる。

Image title

ビビッドな発色ながらも、ほんのり甘さを含んだラズベリーレッド。ルージュ アリュール ヴェルヴェット 347 ¥4000/シャネル(限定品)

Image title

ブラシで全体に塗り広げる。輪郭がキレイだと美しい!


Image title

1枚に裂いたティッシュで軽く押さえ、油分を落とす。


Image title

 上下唇の口角部分を綿棒ですっとなぞると、上品に!


MAQUIA1月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉 ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/永岡美夏 モデル/琉花 
取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

≪関連リンクはこちら≫

★【ハッピーな感情が透ける引き寄せフェイスのつくり方】ベースメイク編≫≫


★【イベントがある日の華ヘアアレンジ】つくり方を動画で公開中≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share