「MAQUIA」1月号から、2020年下半期ベスコス受賞アイテムで作る「アガる」メイクをご紹介! 今回は、素肌感があるのにマスクにつきにくいベースメイクをピックアップ。

ベスコス受賞コスメで「アガる」メイクを! 今こそ知りたい、マスクにつきにくいベースメイク_1

心にまで響くメイクのパワーに感謝を込めて
ベスコス受賞コスメで
「私がアガる」メイクがしたい

私たちが魅力を語ります
火箱奈央

MAQUIAエディター

火箱奈央

攻めたメイクよりも寛げるスタイルが好き。不器用ゆえに、欲しいのは高度なテク不要の優秀プロダクト。

森山和子

美容エディター&ライター

森山和子

幼い頃からコスメが大好きで、国内外の製品まで幅広い知識を持つ。気になると試さずにはいられない性分。

内田理央さんのアップ

記事が続きます

「アガる」メイク
素肌感があって
マスクにつきにくいベースメイク

決してすっぴんに見せたいわけではないし、厚塗りにも見せたくない。そして、マスクにつきにくいことも新しい重要ポイントに。優秀なプロダクトの力を借りて、最低限のプロセスで最大限に、メイクで理想の肌を叶えよう。

薄膜なのに肌ノイズを
消してくれるから、
これだけでも肌に自信が

by Moriyama

ミネラルインナートリートメントベース 25ml SPF31・PA+++ ¥4500/エトヴォス

A 微細なラベンダーパール効果でシミやくすみなどをカモフラージュするだけでなく、ヒト型セラミド等の潤い成分や植物オイル効果で、つけるほどに肌のハリや弾力ケアも実現。ミネラルインナートリートメントベース 25ml SPF31・PA+++ ¥4500/エトヴォス

粉じゃないのにふわっと軽い印象に。
高カバーだから少量で肌が整う

by Hibako

コンプリートフィット パウダースティックファンデーション 全9色 各12g SPF25・PA++ 各¥7600/アンプリチュード

B 長年の理想を具現化した、RUMIKOさん渾身のスティック状パウダリーファンデーション。しっとりとサラサラの矛盾を両立させるべく、ベストバランスを探り誕生。複数の3Dフィットポリマーを独自配合し、厚ぼったさを感じさせない薄膜で肌をフラットに整える。コンプリートフィット パウダースティックファンデーション 全9色 各12g SPF25・PA++ 各¥7600/アンプリチュード

記事が続きます
HOW TO

HOW TO 
顔の中心部にAを指で広げ、輪郭に向かって伸ばす。Bは目の下の逆三角ゾーンの他、小鼻脇など気になる部分のみポイント塗りで。

MAQUIA 1月号
撮影/菊地泰久〈vale.〉 ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/小川夢乃 モデル/内田理央(MORE専属) イラスト/宮島亜希 取材・文/森山和子 構成/火箱奈央(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share