この秋は、個性が際立つくすみ色のオンパレード! 中でもあずき色は主役級。千晃さんも「初めて!」というモードニュアンスのカラーにも是非挑戦して。いつもとガラッと違った雰囲気を楽しめるはず。Image title
教えて下さるのは
MAQUIAでも活躍中のKUBOKIさん

Image title

内面を映し出しながら、女性らしさをぐんと高めるメイクに定評のあるKUBOKIさん。ご自身が経営する初のヘアサロン「umber」もチェックして! http://umber.tokyo

肌にもなじむあずき色チークは
肌色を美しく際立てます

「ボルドーとブラウンが混ざったようなあずき色。一見難しそうに見えますが、肌に良くなじんで、日本人の黄み肌を華やかに彩ります。唇にもあえてボルドーのカラーを合わせ、ワントーン風のメイクに。個性を出しながら、振り返りたくなるような美しさも際立たせることができますよ」(KUBOKIさん)
Image title
視線をロックする、アディクションならではのアイコニックな赤のバリエ。ルージュ コンパクト アディクション “エンプレスオーキッド” ¥7800/アディクション ビューティ(限定品)
ほんのり目元に血色を宿す、マットなバーガンディカラー。ディオールショウ オンステージ ライナー 886 ¥3600/パルファン・クリスチャン・ディオール(限定品)
マットでありながらつやめく。ミステリアスなブリックレッドはKUBOKIさんも絶賛のおしゃれカラー。アルカミストツイストフォーアイ 09 ¥3500/THREE
YSLのチークが一新。空気のように軽やかなテクスチャーと頬に溶け込むような色づきが至福。ブラッシュクチュール 10 ¥6000/イヴ・サンローラン・ボーテ(8/24限定発売)


スペシャルムービーをチェック!


「こ」の字型にのせた
あずき色チークを思い切り主役に!

を二重の幅にアイラインっぽくのせる。ブラシを使ってもOKだけど、綿棒にとって描けばより手軽です。下まぶたにも同じ色を薄く薄く、涙袋にかかるくらい広めに。目の際はで埋めつつ、目尻側は5ミリ床と並行に伸ばし、ワイドな目に見せる。
を付属ブラシにとり、頬骨を囲むように「こ」の字型にON。薄く薄く重ねながら発色を調節して。のようにふわっと溶け込むように彩るマットなタイプがオススメです。

唇は大人っぽいボルドーカラーを
の右から2番めのクリーミーなカラーを、少し丸みをもたせながら描くのがコツ。内側も丁寧に埋めることで、ふっくらボリューミーな唇に見違えます。

こちらもオススメ!
骨格を際立たせつつ、血色も盛り込むマルチパレット。リサージ ビューティアップヴェイル(ライブリー) RS-1 ¥3000・同 ケース(ブラシ付) ¥1500/カネボウ化粧品(9/1発売)
ぬくもりを感じさせるピンクベージュチーク。2色のコンビネーションでまろやかな血色が自在。カムフィー ブラッシュ 05 ¥3500/セルヴォーク


ブラウス¥23000/フィルム(ソブ) ピアス¥3200/ステラハリウッド デニムパンツ、サンダル/スタイリスト私物
撮影/押尾健太郎 ヘア&メイク/KUBOKI(Three PEACE) スタイリスト/立石和代 モデル/伊藤千晃 取材・文/通山奈津子



「伊藤千晃のBijyo Diary」ブログ一覧はこちら>>

MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share