「24時間落とさなくても大丈夫」の24hコスメのコンシーラー

24hコスメのメイクアイテムの中でも優秀!(記事にするのを忘れてたけど!)


Image title


24hコスメ コンシーラUV 3600円(込)



MAQUIAコスパ・コスメグランプリ2015「コンシーラー部門」2位のアイテム。だから買ったアイテム。



「24時間落とさなくても大丈夫」24hコスメのコンシーラーだから、コンシーラーだけど、原料は天然・自然の成分だけ


化学合成防腐剤や石油系、シリコン、ポリマー、タール系色素などの化学合成成分不使用。


天然成分にこだわりのあるコスメは数多くあれど、24hコスメのこだわりは尋常じゃないことは既に書きました。(→この記事とか。)



ライトとナチュラルの2色入り。


ブラシは、向かって左は柔らかめ。右は固め。(てか、固すぎるので肌に直塗りすることはありません。カラー取り出し用。)


Image title


私の肌との相性でいうと、ライトはやや明るめ、ナチュラルはかなり暗め。



このコンシーラーをゲットしたら、是非やってみたかったのがこれ。


Image title


MAQUIA9月号の「まやかしコスメ」の記事。


シミ隠しには”白め→マッチカラーの2段塗りがマスト”という、斬新発想の魔術師Georgeさんのテクです。



ただ、気になることがひとつ。


同じページに一見真逆に見えるテクも載っているのです。


Image title


上の方の○で囲った記事では、”まず濃い色で隠し、次に明るい色でなじませるのが正解”とのこと。(極うす盛りの魔術師広瀬あつこさんのテク。)



え!?!?どっちだ!?!?



というわけで比較実験。


(ただし、40代のスッピンのシミを晒す気になれず、キャンメイクのリキッドアイライナーで疑似シミを作ってます。)


Image title


(1)実際こんなに濃くはありませんが、、、


(2)上にライト、下にナチュラルをピンポイントで載せ、


(3)上にナチュラル、下にライトを周りから重ねる。



圧倒的に下の方がなじみました。


これ腕でやっているので、顔だともうちょっと肌の色は暗めですが、それでもやっぱりライト→ナチュラルは不自然で、上からパウダリーファンデを重ねても「なんか隠した?」感満載な仕上がり。


(ただし、長時間シミが浮き上がらないのは、むしろこっちなんですけど。)



と思ったのですが、Geogeさんのテクのキモは最後を”マッチカラー”にすること


ライトナチュラルを混ぜて私の肌にマッチするカラーを作ればいいじゃんということで、やってみた比較実験がこれ。(1)(2)は省略。


Image title


(4)では、上にパウダリーファンデをブラシで垂直にポンポンとはたいてます。(広瀬さんのテク。)



思った通り、”最後にマッチカラー”が一番なじみました。


これだと、パウダリー(ファンデ前にコンシーラー)でも、リキッド&クリーム(ファンデ後にコンシーラー)でも、どちらでも対応できるし、自分的にも納得の仕上がりです!



これに出会う前は、シミカバーにはアスタリフトライトアナライジング メラノレタッチ コンシーラーを使っていました。


24hコスメコンシーラUVの方が、密着度が高くカバー力もあります。


(紫外線対策も、アスタリフトSPF30 PA++に対し、24hコスメはSPF40 PA+++。)


ただし、口周りのもやっとしたクスミや、目尻のクスミ、クマ、鼻周りの赤みなど、比較的広い箇所やよれやすい箇所は、万能アスタリフトの方が適任。



ちなみに24hコスメ コンシーラUVのすごいのは、これだけ密着カバーしてくれるのに、メイク落とし不要、洗顔だけで落とせるところ。


さすが、コスパ・コスメグランプリ2015「コンシーラー部門」2位だけのことはあります☆


Image title


MAQUIA エキスパート

ギ☆

14年目/乾燥肌

エイジングケア&ネイル命

得意な美容ジャンルは、エイジングケア・ネイル。メイクもスキンケアも、「自分に合うものを見極めて、楽しむ気持ちも忘れずに」がモットーの主婦兼ライター。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share