人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

夏の思い出シミを作らない! 山本未奈子流 “本腰美白”までの11日間スキンケア

スキンケア

美賢者は“肌の衣替え”も計画的! 「MAQUIA」10月号では、美容家の山本未奈子さんが夏→秋のスキンケアのスイッチどきに実践しているお手入れ&使用コスメを大公開。

Image title


Image title

美容家
山本未奈子さんは
“本腰美白までの11日マラソン”で

 思い出シミを作らない 

夏には家族で1カ月のハワイバカンスを楽しむのが定番という山本未奈子さん。「子どもたちと毎日公園に行きますし、大好きなゴルフもします。夏を満喫してうっすら日焼けした肌を回復させ、シミやシワといったダメージ跡を残さないためにもこの時期のケアは重要!」。夏のツケをリセットし、保湿ケアへと移行していくケアリレー、とくとご覧あれ。

1/11

2/11

3/11

4/11

5/11

6/11

7/11

8/11

9/11

10/11

11/11

START

day1

日焼けでほてった肌をクールダウン

「微炎症を防ぐため、鎮静ケアを徹底。乾いたシートマスクに化粧水を浸透させ、最後は冷やして〆」

day2

クレンジングをミルクに替えて皮脂を温存

「高SPF値の日焼け止めを使う夏はオイルを使いがちですが、肌をいたわるミルクやクリームに切り替え」


(右)コンフォート メルト クレンジング クリーム 125g ¥4800/SUQQU (左)レディ トゥクレンズ ミルク 200mℓ ¥5000/パルファム ジバンシイ

day3

UVサプリ投入で内からもサポート

「外からのケアと同じぐらい重要なのが、内側からのサポート。UVカットサプリは暑い時期の必需品」


天然ポリフェノールやカロテノイドを凝縮。シンプリス UVディフェンスプロ 30袋 ¥8600/シンプリス

day4

ひんやり美容液で炎症を鎮める

「紫外線を浴びた日は、ひんやりムースを。日焼けはやけどと一緒。まずは冷やして炎症を抑えるのが先決」


メラニン生成を促すほてりをひんやり泡でクールダウン。クリアアップ ホワイトムース [医薬部外品] 110g ¥5400/イプサ

day5

ビタミンACEを摂取

抗酸化力を強化

「紫外線の刺激で、炎症に続いて酸化がスタート。ビタミンACEやポリフェノールをこまめに摂取します」

day6

美容液も抗酸化にシフトチェンジ

「抗酸化力の高い美容液を薬指でオン。必ず、筋肉の流れに沿って優しく行います」


ビタミンC豊富でダメージを癒す。カプチュール ユース グロウ ブースター 30mℓ ¥11500/パルファン・クリスチャン・ディオール

day7

高保湿ローションで肌内部の水分量を増産

「揺らいだ肌のバリアを強化するため、潤う力を高めてくれる化粧水を投入」


“自ら潤う力”がアップする高保湿設計。エスト ザ ローション 140mℓ ¥6000/花王

day8

浸透系オイルで肌の土台を立て直す

「土台を整えるために、秋の入り口はオイルもプラス。乾燥しやすい目元は指先でプッシュづけを」


98%が天然由来成分だから、内から輝くようなヘルシーな白さに。ル ブラン ユイル 50mℓ ¥13000/シャネル

day9

朝の洗顔を拭き取りに

「暑さが和らいできたら、表面の不要な角質をゆるめるケアを。洗顔代わりに拭き取りケアへとシフト」


不要な角層を取り除き、潤いの浸透しやすい肌に。クリアリファイナーα 200mℓ ¥4500/アユーラ

day10

少しずつ、表面の角質ケアを開始

「日差しが穏やかになったらいよいよ角質ケア開始。2日に1回はマイルドな酵素洗顔にスイッチ」


(右)ミノン アミノモイスト クリアウォッシュ パウダー 35g ¥1500(編集部調べ)/第一三共ヘルスケア (左)フィトチューン クリア パウダーウォッシュ 40g ¥3000/コスメデコルテ

day11

土台が整った肌に本気の美白投入

「バカンスで日焼けしやすい私にとって、秋の入り口こそ美白のしどき。土台の整った肌に使うと夏ダメージを一掃でき、エイジング対策にも」


(右)2種の美白成分配合。HAKU メラノフォーカス V [医薬部外品] 45g ¥10000(編集部調べ)/資生堂 (左)エイジング由来ジミに照準。ホワイトショット CSX [医薬部外品] 25mℓ ¥15000/ポーラ


MAQUIA10月号

撮影/藤澤由加 山下みどり(人物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/渡辺みゆき 構成・文/高見沢里子 企画/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN