【ベストコスメ2017下半期・スキンケアライン部門】1位に輝いたのは、“肌も心もリラックス状態へ誘う”スキンケア

スキンケア

大型スキンケアラインが続々デビューした今シーズン。「MAQUIA」1月号で掲載中の『ベストコスメ2017下半期』スキンケアライン部門では、重ねるたびに感じる、高い肌満足感への賛美の声が数多く集まりました。

Image title

スキンケアライン部門

1位 439点

コスメデコルテ AQ

(右から)
クレンジング クリーム 116g ¥6000
ウォッシング クリーム 129g ¥5000
エマルジョン 全2種 200㎖ 各¥10000
ローション 全2種 200㎖ 各¥10000
(左上)
オイル インフュージョン 40㎖ ¥10000
(左下)
クリーム 25g ¥20000

Image title

『ストレスで緊張状態にある肌をリラックスさせてくれる上、肌が持っている潜在能力を引き出してくれるアプローチに共感』
――安倍佐和子さん

『神経科学領域を取り込んだ「肌・感度」に着目。効果、感触、香りの相乗効果が得られるライン使いを勧めたくなる商品群』
――岡部美代治さん

『肌が無理せず、必要なものを吸い込んでいく感じ。香りもよく、気持ちも肌もリラックスできます』
――犬木 愛さん

『一品一品が丁寧に作られたシリーズはどこから入ってもいい。でも、オイルはマスト!肌の中でリラックス状態を作る働きかけを使うたびに実感 』
――齋藤 薫さん

“肌効果・感触・香り”をさらに進化
させ、柔らかさ・心地よさがさらに実感しやすく』
――貴子先生


『肌・感度』を高めて美肌に
たとえリラックスできていなくても、AQが肌も心もリラックス状態へ誘い、肌再生エネルギーへと変換。選りすぐりの希少な素材を厳選し、香り・感触・肌効果の相互作用で、美肌の基本となる『肌・感度』を磨き上げる。


ここに注目!

コスメデコルテPR
吉成里沙さん

美肌の近道である
毎日のお手入れを至福のときに

「AQは肌と心がリラックスでき、本能的に心地よいと感じる品質を徹底的に作り込んでいます。香りを感じたり、肌にのせたときのとろけるような感触に癒されたりして、毎日のお手入れを楽しんでいただきたいです!」

Image title

1/2

2/2

2位 420点

アルビオン アンフィネス

(右から)

エリミネート クレンジングミルク200g ¥4500
ディープフォース ウォッシュ120g ¥3800
ダーマ パンプ ミルク200g ¥7000
ダーマ パンプ ローション200㎖ ¥7000
(左上)
アップサージ ソリューション40㎖ ¥10000
(左下)
エクスパンション クリーム30g ¥12000


『ひとつひとつのステップを重ねる喜びを改めて感じさせる進化型シリーズ
――松本千登世さん

『乳液のふっくら柔肌効果化粧水のみずみずしい潤い、美容液、クリームのハリ注入力……と重ねるごとに肌実感が高まり美しい肌に』
――吉田昌佐美さん

『後肌を一言で表現するなら「むっちり」。肌内部がハリで満たされるような濃密さを感じる肌に導いてくれます』
――増本紀子さん


顔立ちが変わるほどのハリ感!
エイジングケアに定評があるアンフィネスが挑んだのは“ハリ”。肌にハリがあることで、透明感が生まれ、シワも毛穴も目立ちにくくなることに着目し、ハリに特化した美容成分「OSK9」を全アイテムに配合。さらに、各アイテムには、美容医療やそのメソッドに着想を得たトリートメント効果を持たせることで、個性的なラインナップに。重ねるほどにハリがみなぎる肌を実感できるとあって、多くの女性が虜になった。

3位 404点

THREE エミング

(右から)
クレンジングバーム85g ¥6000
ソープ80g ¥4500
ローション140㎖ ¥7800
エマルジョン100㎖ ¥8800
クリーム26g ¥12000

女性ホルモンの働きに着目したラインなだけに、ストレスで肌状態を崩しやすい現代女性にぴったり
――藤井優美さん

『ぐったり疲れた日も優しく癒される元気ももらえるアロマを感じたくて、早くスキンケアしたい!と待ち遠しく』
――岡田いずみさん

『香りを深く吸い込んでいるだけでイライラが晴れ、リラックス。心が前向きになると同時に肌がどんどん上向いていくのが素晴らしい
――小田ユイコさん


女性特有の不調をサポート
女性特有の不調状態にフォーカスし、ホルモンバランスの乱れによって本来のあるべき状態である「恒常性維持機能=ホメオスタシス維持機能」が乱れることに着目。女性の本能に働きかけるフェンネル、ゼラニウム、ローズのブレンド精油をキーに、パワーを秘めた植物を厳選してベーシックなケアのための5アイテムを完成。加齢と共に感じる「心・カラダ・肌」の不調に、そっと寄り添うパートナー的存在。


MAQUIA1月号

撮影/大原敏政〈aosora〉(物) 菊地泰久〈vale.〉(モデル) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/後藤仁子(モデル) モデル/スミス 楓 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA1月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN