人気のコスメやおすすめ美容情報を紹介 | マキアオンライン

瞬時にしゃれるイガリ眉のHOW TOを解説! パウダーは置き塗りへ発想転換を

メイクアップ

イガリ眉にトライするだけで、顔立ちも今っぽさも印象さえも美しく生まれ変わる! 「MAQUIA」1月号では、今までの思い込み眉から解放される「イガリ眉」のつくり方をレクチャーします。

Image title

誰にでも似合って瞬時にしゃれる!
 HOW TO イガリ眉 

眉メイクはまず、クセのついた毛流れを整えてからスタートするものと心得て。さらに、眉は1本1本描いていくという発想は捨て、アイブロウパウダーやマスカラを置き塗りするという発想へ転換。

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
イガリシノブさん

BEAUTRIUM所属。光と色を操り、色っぽメイクを流行させた仕掛け人。飛びぬけた感性によるオリジナリティ溢れるムードメイクを提案し、イガリ旋風を巻き起こし続ける。


Image title


Image title



1/12

2/12

3/12

4/12

5/12

6/12

7/12

8/12

9/12

10/12

11/12

12/12

産毛を掘り起こすようにとかす

眉は変なクセがついてることが多いから、スクリューブラシで毛流れに逆らうようにぐぐ~っととかして。

毛並みを整えて、抜け感を演出

眉頭~中央までは下から上、中央~眉尻までは上から下にコーミング。最後に眉頭から眉尻まですっと。

ホットビューラーでハリを出す

ホットビューラーも、眉頭~中央までは下から上、中央~眉尻は上から下にとかして。立体的なハリが出る。

ハイライトを眉の内側に仕込む

眉尻~眉頭へ毛を逆立てながらハイライトを地肌に塗り、その後、スクリューブラシで眉頭~眉尻へとかす。

パウダーはすべらせず置き塗り

自分の眉色と同じorワントーン濃くなるよう、パウダー2色を混ぜる。ブラシを垂直にして置くように。

下ラインくっきりで、より孤立化

濃いパウダーを眉の底辺に置くようにのせたら、ブラシを下から上へ小刻みに動かしながらなじませていく。

眉頭はぼかして、うっすらと

鼻頭横のくぼみに指を入れ内側に押し、盛り上がったところが眉頭。6で余った粉をさっとひとはけ。

眉尻を決めたら、細かく描く

消えやすい眉尻はペンシルで補強。眉山外から眉尻へ、ブラシを立てながら上から下に小刻みに描いて。

眉頭の上部分を足すと、小顔に!

7で描いた眉頭の上部を描き足す。2色のパウダーを混ぜ、上からチョンチョンと色を置いていけばOK。

“穴空き地帯”はペンシルで埋める

この時点でまだ毛の空白が目立つ部分は、アイブロウペンシルで細かく線を描くようにして埋めていく。

眉の骨部分の毛は抜こう

描いた部分以外の毛をカットまたは抜く。特に、目の印象をきれいに見せるため、眉山下の骨部分は抜いて。

マスカラで色ムラを均一に

マスカラも、塗らずに置く! 根元を立ち上げるようなイメージが正解。これで眉の内側までしっかり色づく。


MAQUIA1月号

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/イガリシノブ〈BEAUTRIUM〉 スタイリスト/辻村真理(モデル) モデル/内田理央(モア専属) 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)

【MAQUIA1月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN