鈴木えみさんがトライ! パープルに合わせたビニール質感のアイメイク

メイクアップ

「MAQUIA」6月号の人気連載『えみと、メイクと、ファッションと。』では、鈴木えみさんと耕万理子さんがセッション。パープルのファッションに合う旬のメイクを提案します。

Image title

― THIS MONTH THEME 
あえて“不良”に着る
パープル

×

メイクアップアーティスト
耕 万理子さん

ビニール質感の目元


大人になった今、
不良なムラサキに夢中です

えみ 最近なぜかパープルに惹かれていて。しかも、ちょっと“ヤンキー”(笑)っぽさを感じるムラサキ色を、わざと大人になった今着たいなって。実は今日着たお洋服のボトムは、実際に展示会で購入済みのものなの。
 えみちゃん似合ってるもんね!
えみ ありがとう(笑)。それでね、どこかに“トゥルン”とした質感をメイクで取り入れたいかも。この色に合いそうな気がして。
 今回はこのムラサキ色に反対色のイエローのピアスを組み合わせたから、目元も普通の茶色じゃなくて黄み寄りにするとポイントで効くと思うの。それをさらに、ウェットに仕上げるのがいいかもしれないね。
えみ 色だけどクリアというか、ビニールっぽい感じというか。PVCはファッションでもトレンドだし、これも何となく今の気分。
 確かに。目元が十分印象的だから、唇は素の色を整える程度におさえるくらいでね。ただ、素っぽすぎるとお洋服に負けちゃうから、頬に色を感じさせないコントゥアリングカラーをひとはけ程度、が良さそう。
えみ いいかも! そのプランでいきましょ。

Image title

「ビニール質感に仕上げた
イエローブラウンで
“効かせる”目元に」

BY MARIKO TAGAYASHI


メイクアップアーティスト
耕 万理子さん

某ブランドにて世界中を舞台に活躍後、2013年に独立。現在は雑誌や広告、CM等で活躍中。細部まで美しい仕上がりにスタッフからの信頼も厚い。


MAKE-UP POINT

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

黄みブラウンをスクエアに入れる

Aのアイカラーをブラシにとって上まぶたに四角形に広げ、黒目下にもポイントでのせる。

グロスやワセリンをまぶたにON

二重幅をのぞいたアイホール部分に、べたつきにくいグロスやワセリンを重ね塗りする。

A 土っぽいイエローブラウンは、塗るだけでお洒落感アップ。クリームタイプながらまぶたにフィット。インフィニトリー カラー 07 ¥3200/セルヴォーク(5月11日発売)

B 下まぶたのインサイドをベージュにすることで、フレッシュな印象に。スタジオ クロマグラフィックペンシル NC15/NW20 ¥2200/M・A・C

C 黒マスカラで、上のまつ毛のみひと塗りする。ラッシュ CC 01¥4500/ヘレナ ルビンスタイン

D 左の色を頬骨に沿って斜めに。クチュールコントゥーリング 2 ¥7000/イヴ・サンローラン・ボーテ

E リップライナーで唇を塗りつぶして、素の質感をキープ。ジェン ヌード リップライナー ボーダーライン ¥2500/ベアミネラル


MAQUIA6月号

モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 撮影/池満広大〈TRON〉 ヘア/芝田孝之〈SIGNO〉 メイク/耕 万理子〈SIGNO〉 スタイリスト/清水文太 構成・文/森山和子 企画/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA6月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN