2017年上半期ベストコスメ 口紅部門は見た目に心奪われ、塗って納得の1本が栄冠に!

メイクアップ
いいね! 4件

「MAQUIA」8月号では、2017年上半期のベストコスメをご紹介。口紅部門の1位は、イヴ・サンローラン・ボーテのヴォリュプテ ティント インバーム 4。

Image title

口紅部門

心地よく、お洒落に唇を彩る口紅が目白押しの今期。見た目に心奪われ、塗って納得のコレにみんなが夢中!

1位 295点
イヴ・サンローラン・ボーテ

ヴォリュプテ ティント
インバーム 4

¥4300

Image title

『流行のティントが、予期せぬ斬新リップに。バームのコートを着ることで、2倍の透明感を得てちょうどいい発色と抜け感に。今欲しいのはこの仕上がりだってちょっと興奮!』――齋藤 薫さん

『ビジュアルが可愛くてテンションが上がります!「それ、どこの!?」と聞かれるほど、人の心を惹きつけるチャーミングさにも脱帽』――小林ひろ美さん

『するんと唇にすべらせるだけで、こんなに完璧な唇になれるなんて。これを一度体験してしまったら、もう1色、もう全色欲しくなる。あとを引くリップに出会いました』――神崎 恵さん


このコスメへの想い、聞かせてください!

イヴ・サンローラン・ボーテ
PRマネージャー
鈴木佐江子さん

Q 美容界を揺るがす大ヒットの理由は?

バームの高いリップケア効果とティントの血色感を同時に叶え、唇が透ける絶妙な色づきが高い支持を得ました。またリップマークを中央にティントとして配したフォトジェニックな見た目から、発売前よりSNSで多くのポストもあり、発売日は1秒に1本売れる記録的な大ヒットに!」


2位  246点

ジバンシイ

ルージュ・
アンテルディ 3

¥4000/パルファム ジバンシイ

『サッとひと塗りしただけで潤いも女らしさもUPします!』――水井真理子さん

Image title

「もたつきや重さを感じさせないスマートな薄膜感。『これを塗ったら絶対にお洒落』という幸せな自己暗示にかかるスタイリッシュなパッケージ。ジバンシイのドレスには手が出せなくても、このルージュでそれに匹敵するくらいモードな魂を宿すことができるはず!」(長田さん)。

3位  127点

ランコム

ラプソリュ
ルージュ C354

¥4000

リッチなのに軽やか。正統派なのにモダン!』――安倍佐和子さん

Image title

「艶やかでいて軽いこの仕上がりは、今の時代の気分にぴったり。質感の異なる3種類の処方もそれぞれ上質」(安倍さん)。「必ず運命の色が見つかるカラーバリエに胸が躍り、お気に入りの3本を気分で使い分け。見たまま発色して色もちも抜群。唇が荒れずにずっと潤うのも頼もしいです」(石井さん)

4位  120点

SUQQU

エクストラ グロウ
リップスティック 11

¥4000

唇でとろけてうるっとツヤを宿した上品な仕上がり』――宇野ナミコさん

Image title

「スルスルすべる感覚が気持ちよく、トリートメントのような保湿感。11は顔色悪く見せることなく肌に溶け込む、大人のための貴重なベージュピンク」(宇野さん)。「11がスタメンリップ。しっとりなめらかなツヤ感で、ベージュでもフェミニンな仕上がり。とろけるような感覚も心地いい」(弓気田さん)

5位  112点

シュウ ウエムラ

ルージュ アンリミテッド
シュプリームマット
M OR550

¥3200

『マットでも潤いを感じ、“今”のリップメイクができる――KUBOKIさん

Image title

「発色もよく、リップが主役のメイクにピッタリ!心地よくなめらかで、使えるマットリップ。」(KUBOKIさん)「鮮やかな発色で、ひと塗りで顔色が冴える。色のバリエも豊富で、必ず自分に合う色を見つけられるはず。つけ方でもニュアンスを変えられるので、さまざまなシーンに」(レイナさん)


MAQUIA8月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 岡﨑恒彦(物) 藤澤由加(パーツ) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 Sai(パーツ) スタイリスト/西野メンコ(モデル) モデル/ミス 楓 中西麻里衣(マキアビューティズ/パーツ) 取材・文/巽 香 構成/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN