ピュアなピンクで可憐&ナチュラルに! 幅狭二重さんに似合う“濡れツヤ涙袋”アイメイク

メイクアップ
いいね! 1件

「MAQUIA」8月号では、メイクアップアーティストのKUBOKIさんが“濡れツヤ涙袋”でやわらかな色気を引き出すメイクテクを公開!

Image title

教えてくれたのは・・・

ヘア&メイクアップアーティストKUBOKIさん
その人の素材を生かして魅力を引き出すメイクテクニックで人気爆発中。解説の分かりやすさも人気を後押し。タレントの指名も多数。


その「色っぽさ」、生かさない手はない!
 アイメイクというとつい目を“大きく”見せるというステレオタイプにとらわれてしまいがちですが……。「実はそれって、ナンセンス。特に、一重や奥二重の人は、その本来の目の形だけで十分色っぽいから、無理やり目ヂカラを出すよりも素材を生かすメイクをする方が断然魅力的に映ると思うんです。瞳の印象がさりげない分、ミステリアスな雰囲気が醸し出せるし、無条件に上品で奥ゆかしくも映る。控え目だからこその色気に魅せられない男はいないと思いますよ」(KUBOKIさん)


一重&奥二重の人の色気ポテンシャルが高い理由
理由1
ミステリアス

「二重よりも目に表情が出にくい。その秘めた“ドラマ性”が男の『知りたい欲』をそそる!」(KUBOKIさん、以下同)

理由2
切れ長=色気

「大人の余裕を感じる切れ長の目は男性をドキッとさせる魅惑のパーツ。流し目なんてされたら最高です」

理由3
ナチュラルだから男がグッとくる

「主張が控えめな分、メイクで作り込まれていない感じがして信頼できる。ナチュラルを嫌いな男はいない」


繊細な二重の線をメイクの味方に
幅狭二重

色気×下まぶた

ナチュラルを強調
濡れツヤ涙袋でやわらかな色気

Image title

ハイライトで涙袋に光を集めることで、ナチュラルながらもまろやかなオーラが出現。上まぶたの極薄ピンクが印象を一層可憐に。

Image title

色気item

①繊細にツヤめくピンク系のハイライターペン。フラッシュ ルミナイザー 800 ¥4800/パルファン・クリスチャン・ディオール

②可憐なピンクは肌なじみも抜群。インジーニアス パウダーアイズN 20 ¥2200/RMK Division


ピュアなピンクに潜む可憐な色香でロックオン

Image title


①のピンク系ハイライターを、下まぶたの目頭~目尻に向かってスーっとなじませる。

1でのせたハイライターを指でポンポンとなじませて、涙袋にふっくらとしたツヤを。

②をチップで二重の幅より少し広めになじませる。上まつ毛にだけ茶色のマスカラを。


MAQUIA8月号

撮影/城 健太〈vale.〉(モデル) 河野 望(物) ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/野崎智子 取材・文/石橋里奈 企画・構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA8月号☆好評発売中】




RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN