思わず視線を奪われる「青みピンク×光ハイライト」で品のいい色気を演出

メイクアップ
いいね! 0件

「MAQUIA」5月号では、メイクアップアーティストの中野明海さんに失敗しない春チークのテクニックを伺いました。

Image title


さあ、が戻ってきた!
中野明海さん、春のチークどうすればいいですか?


教えてくれたのは…

メイクアップアーティスト
中野明海さん

おしゃれかつ時代を象徴する、ハッピーなメイクを提案。手がけた女優やアーティストはスター階段を駆け上がると評判。


青みピンク×光ハイライトで品のいい色気

オンにもオフにも映える、華と格上感のあるチークは、ほんのり色気を含んでいるから思わず視線を奪われる。


Q 婚活チークってどんな色?
A 顔中に花びらが舞うような、青みカラーがおすすめ

「品がいいのに、華やかで印象的でしょ。昔から、肌の黄みを消しつつ、ピュアで上品な青みピンクのチークは大好物♡ そのピンクを、頬、こめかみ、鼻先、あごなど、顔のあちこちに漂わせれば、みずみずしい花びらを感じさせる肌が完成。 ただ甘くなり過ぎないよう、ポイントチークにはハイライトを。鼻筋や頬骨の高い位置に効かせ、クールな立体感で引き算して」


Image title

1 なめらかな陶器みたいな肌に仕上がる青みピンク。肌が明るく見える。プレスト チークカラー N 02¥5300/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ

2 光が集まる、ピンクがかった練りハイライト。エスプリークライトコントロール スティック 01¥2500(編集部調べ)/コーセー


これもオススメ

Image title

(右から)肌の透明感も白さもぐっと引きあがる、シアーなピンク。キッカ フローレスグロウ フラッシュブラッシュ パウダー 02 ¥5000/カネボウ化粧品 透明感があふれるシルバーピンクの練り状ハイライト。ザ マルティプル 1501N ¥4800/NARS JAPAN


MAQUIA5月号

撮影/菊地泰久〈vale.〉(モデル) 那由太(物) ヘア&メイク/中野明海〈air notes〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/藤野有理 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画・構成/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN