前向きな思い込みで美容効果を高める!? 臨床心理士・山名裕子さんの“ポジティブ美容”

ライフ

「MAQUIA」2月号では、美人臨床心理士・山名裕子さんにインタビュー。「どんな気分で行うかが大切」だと語る山名さんの美容法とは?

Image title

臨床心理士
山名裕子さん

1986年生まれ。精神科医の父を持ち、学生時代から心理学を学ぶ。2014年には東京・青山に「やまなmentalclinic」を開院。カウンセリングをより身近に感じてもらうため、講演をはじめ女性誌やバラエティ番組など、幅広く活動。


患者さんの心を開く
ポジティブ美容を実践中

前向きな思い込みで
美容効果をさらに高める

普段、患者さんのカウンセリングを行っている山名さん。美容にも臨床心理士ならではの工夫が。

「メイクは〝とにかく柔らかく〟が信条。患者さんに心を開いてもらうことが第一なので、色やラインが強いメイクは避けています。特に目元はアイラインを控えめにしたり、乾燥ジワやくまを防いでふっくら見えるようにと気を使うパーツ。メイクもスキンケアも、どんな気分で行うかが大切。ネガティブな気持ちで美容に取り組むと効果も半減してしまいますが、『これで可愛くなるぞ〜♡』と念じながらケアすれば本当にキレイになれるんです。そんな姿勢を大切にしながら、日々、美容と向き合っています」(山名さん)

女性ならではの
曲線やわらかさを意識

 「患者さんが構えないように、ピンクやコーラルを使った優しい色合いのメイクが鉄則」。髪型も、毛先のワンカールで女性らしい曲線をアピール。

目元
カウンセリングの肝!

「瞳はその人自体の印象を左右する大切なパーツ。決して暗く見えないように、乾燥やくすみが気になる前に、アイクリームでしっかり保湿しながらコンシーラーでカバー」

アイクリームをつけた綿棒で、メイクのヨレや乾燥が気になる部分を拭き取り。

やわらかいクリームタイプのコンシーラーを点置き。指先で優しくなじませる。

「しっかり入れ〜♥」
念じながらスキンケア

「ポジティブな気持ちでスキンケアすれば、肌も必ず前向きになってくれるんですよ。毎日『今日もいっぱい入ってるね〜』と肌と対話をしながら化粧水を入れ込んでいます」

Image title

「化粧水は高級品よりも、毎日バシャバシャ使えるお手頃なものをセレクト」。1 IRS エッセンス ローション200㎖ ¥4900/キールズ 2 肌ラボ 極潤ヒアルロン液 170㎖ ¥760(編集部調べ)/ロート製薬

毎日お肉を食べて
幸せホルモン全開に

「お肉大好き♡ 毎日必ず食べるほどの肉食女子です。特に赤身肉には幸せホルモンを増長する働きがあるので、積極的に摂取。お肉を食べるだけでハッピーになれます」

入浴後のボディケアは
良質な睡眠の導入剤

どんなに忙しくても、毎晩10分は湯船につかってリフレッシュ。「お風呂上がりのオイルも欠かしません。大好きな香りに包まれることで、眠りの質も改善されました」

「もう10本以上リピートしている最愛ボディオイル。香りも肌なじみも最高です」。ホワイトバーチ ボディオイル 100㎖ ¥3800/ヴェレダ・ジャパン


MAQUIA2月号

撮影/青柳理都子(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/野崎千衣子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN