ダメージ激減!正しい髪の乾かし方&合うドライヤーを知って美髪になる!

ヘア
いいね! 1件

「MAQUIA」7月号から、髪の正しい乾かし方の正解を大公開! コツを知ればダメージが激減して美髪に。

Image title

教えてくれたのは

美髪アドバイザー 田村マナさん
自身もストレスから20代で薄毛に悩み、正しい知識とセルフケアで克服した経験が。共著『頭皮ケアで始める美髪バイブル』(講談社)

ヘア&メイクアップアーティスト 野口由佳さん
人気ヘアサロンROI所属。つくるヘアスタイルにトレンド感と抜け感があり、コスメ事情にも詳しい。自身は細くて少ない髪質。

ビューティ・プロデューサー 美香さん
『AMATA』オーナー、毛髪診断士。新しいトリートメントやプロダクツをキャッチする鋭い感覚の主。腰まで届くツヤ髪でも有名。

資生堂リサーチセンター 島田有紀さん
研究員・毛髪診断士。抜群のスタイリング技術と幅広いヘアケアの知識を活かし、健康的でスタイルが決まる美髪のコツを啓蒙中。


コツを知るだけで美髪になる
乾かし方の正解

人によってやり方がかなり違うドライ法。正解を知ればダメージが激減し美髪に!


Q.ブラシを使うのは、ドライヤーの前? 後?
A.最初は手ぐしで。7~8割くらい乾いたら使ってもOK

「濡れた状態は髪が傷みやすいので、最初は手ぐしで。7〜8割くらい乾いたら動物毛のブラシを使ってOK」(田村さん)


Q.ドライヤーの冷風モードっていつ使うの?
A.仕上げにかけるとキューティクルが引き締まってツヤUP

「冷風には開いたキューティクルを引き締める効果が。温風と違って水分を飛ばしすぎずにきちんと乾かすこともできるので、冷風仕上げが基本」(美香さん)


Q.自然乾燥のほうが、髪に優しいですよね?
A.濡れた状態が一番傷みやすいもの。必ずドライヤーを

「自然乾燥させると、ダメージ部分のキューティクルから水分が過剰に逃げることに。パサついたり寝癖がつく原因になるのでドライヤーは必須」(島田さん)


Q.シャンプー後のタオルドライ、正しいやり方は?
A.ぽんぽん叩いてタオルに水分を移して

「髪をごしごしこすっている人が多いですね。タオルで髪を軽く叩くようにして、髪の水分をそっとタオルに移して」(田村さん)

Q.正しいドライヤーのかけ方を教えて
A.ストレートかパーマヘアかで使い分けて

「まず根元や頭皮を乾かすこと。その後はストレートなら上から、パーマヘアなら毛先を丸めて乾かすとキレイ」(野口さん)

Q.私に合うドライヤーはどれ?
A.タイプ別に選んで

「しっとり仕上がり、スタイリングもしやすいのはパナソニック。頭皮ケアにはヤーマン、毛量が多くて早くキレイに乾かしたい人にはダイソンが◎」(田村さん)


1 ナノイーの働きで、毛先までしっとりまとまる髪に。スタイリングもしやすい。ヘアードライヤー 「ナノケア」 EH-NA98 オープン価格/パナソニック 2 ブラシの震動が気持ちいい! スカルプドライヤー ロゼ HC-9N ¥20000/ヤーマン 3 圧倒的な風量で、毛量の多い人から絶大な支持が。スーパーソニック ¥45000/ダイソン

Q.後頭部や生えぎわもしっかり乾かしたい!
A.通常は上からでOK

「後ろも乾かしたいからと頭を前に倒して乾かす方がいますが、根元が膨らむのでボリュームを出したい場合以外は上からでOK」(野口さん)


MAQUIA7月号

撮影/向山裕信〈vale.〉(人物) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/野口由佳〈ROI〉 木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/程野祐子 モデル/イーラン 川口優菜 土屋巴瑞季 構成・文/高見沢里子 企画/鵜飼香子(MAQUIA)


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN