【小顔づくりの第一歩】 つまみマッサージで柔肌に!

ボディ
いいね! 4件

別次元の小顔を手に入れるテクニックを、ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさんが伝授! 「MAQUIA」7月号から、大顔の原因のひとつである「皮膚のこわばり」を解決する“つまみマッサージ”を紹介します。

Image title

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト 小田切ヒロさん

ラ・ドンナ所属。日々、新しい美容メソッドを探求し実践し続ける開拓者精神は、美容界から一目置かれる存在。トレンド感と実用を両立したメイクが人気。


スキンケアで凹凸肌を育み

メイクで小顔を完成させる

「小顔メイクというと、厚塗りを想像しがちですが、それはシェーディングに頼ろうとしてしまうから。スキンケアの段階から大顏に見えてしまう要因をしっかり排除すれば、シェーディングなしの薄づきメイクでも小顔は簡単に手に入ります」と、“小顔作り=影操作”という思い込みを払拭させてくれたのは、ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさん。

「スキンケアで肌本来のシルエットを浮き上がらせれば、あとは光を重ねるだけで、メリハリは生まれます。塗ることで顔の立体が強調されるので、塗らない部分は自然と影に。塗らない部分を作ることで、今っぽいエフォートレスな透明感と小顔の両立が可能になるんです。さらにパーツメイクでメリハリポイントを作れば、小顔メイクから一歩踏み込んだ印象操作だって叶えられます」

 ただの小顔メイクで終わらない、小田切流の新小顔テクニックでこの夏のメイクが変わるはず!



あなたを大顔に見せている

原因  

皮膚のこわばり

Image title

ほとんどの人が気づいてすらいないと警鐘を鳴らすのが、コレ。皮膚のこわばりとは、肌が動かずフラットになる状態。「特に面積の広い頰のこわばりは、顔全体をのっぺり平面的に見せる原因に」


解決法  

皮膚のこわばりをなくす

つまみマッサージで

こわばり知らずの柔軟肌を作る

頬の皮膚を小さくつまんでみて。上手くつまめないのは皮膚がこわばっている証拠。「顔の中で最も面積の広い頰は、肌状態がメイクの仕上がりを左右します。こわばりのない肌は、本来の骨格や肌の凹凸が浮き出て、薄づきでもメリハリのあるメイクが可能に」(小田切さん)。理想はフェイスラインのように小さくつまめる柔らかさ。毎日のスキンケアに組み込んで、立体感ある小顔を育もう!


頬周りを中心につまんでほぐす

Image title

指先で頰の肉をつまみ、内側から外側へ向かって皮膚のこわばりをほぐしていく。デリケートな目の下は避けて頬骨周りを中心に。フェイスラインのように指先だけでつまめる柔らかさを目指して。

Image title


Image title

プロのエステティシャンの「指先で優しくつまみ流す」という手技を再現したアイテム。肌のこわばりオフに最適!と小田切さんも愛用。リファエスカラット ¥14500/MTG


老廃物を頬から排除する

Image title

でつまんでほぐした老廃物をこめかみのリンパへ流す。親指をあごにかけ、人差し指の側面を使って顔にアイロンをかけるように。


こめかみをプッシュする

Image title

こめかみに集約した老廃物を流すように、こめかみを中指と薬指でプッシュする。小さく円を描くように気持ち良い強さでグリグリと。


耳前を通り鎖骨へ流す

Image title

老廃物を耳前を通すようにして、デコルテへ向かって流す。指の腹全体を使って、軽く圧をかけながら耳前、首筋、鎖骨へ向かって。


鎖骨プッシュで老廃物オフ

Image title

首筋からつながる鎖骨のくぼみを指の腹を使ってプッシュし、老廃物を流す。両手でプッシュしにくい人は、片方ずつ行ってもOK。


MAQUIA7月号

撮影/城 健太〈vale.〉(モデル) 高橋一輝(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/西野メンコ モデル/加納奈々美 構成・文/畑中美香 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA7月号☆好評発売中】

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN