「MAQUIA」10月号では、女子の思い描く“モテ”ではなく、男性が本当にぐっとくるモテメイクをこっそりご紹介中。その中から、メイクアップアーティストの朝日光輝さんご提案の、さりげない色気をまとった大人メイクをお見せします。

Image title

朝日光輝さんがグッとくるのは…

ふとした瞬間に色気がのぞく丁寧さの宿る端正な横顔

「いつも一緒にいる仕事仲間が、特別な存在になること、男にはあるんです。そのきっかけはベタだけど“ギャップ”。清潔感はありながらも、あからさまではなく何だか色っぽいのに男は弱い。メイク全体はベージュ系のワントーンで眉尻や目尻、口角などの細部まで気を遣って品をキープ。そこに、唇やハイライトのさりげないツヤがあれば……完全にノックアウト!」


“……あれ? 先輩ってこんなに色っぽかったっけ! ”Image title


“先輩が近くにいると目で追ってしまって仕事にならない……!”Image title


【次ページをチェック!】キーワードはきちんと感! 大人の色気をまとうワントーンメイク≫≫


【How to Make-up 】Image title

アイホール広め&下まぶた全体に1をのせ、二重幅に2をON。目尻1/ 3のみ、3を使用。まつ毛上下に4を塗り、コームでとかして繊細にメイク。横を向いたときに立体感が出るよう、眉尻にもきちんと5を使用。光を集める眉間、目尻下の頬骨、あご先に6を。チークはやや内側に7をサッとのせる。8は上唇をオーバーめに。

1 上品なツヤを与えるシャンパンピンク。そのままのせても、レイヤーしてもOK。ベルベットシャドースティック 8256 ¥3200/NARSJAPAN 

2 パールが美しいレッドブラウン。ザ アイシャドウ 71 ¥2000/アディクションビューティ 

3 極細ラインがテクなしで引ける。ケイト スーパーシャープライナー ABK-1 ¥1000/カネボウ化粧品 

4 まつ毛1本1本を際立たせる。シリーズ初、スマッジプルーフ仕様に。ラッシュ クイーン クリーンボリューム ブラック 01 ¥4800/ヘレナ ルビンスタイン 

5 繊細な眉メイクを叶える。アイブロウ スタイライズド ¥2300/M・A・C 

6 光をまとったようなツヤをプラス。グロースティック ¥2000/RMK Division 

7 肌なじみのいいソフトピンク。ルナソル カラーリングクリーミィチークス 01 ¥3500/カネボウ化粧品

8 イノセントなピーチカラー。キッカ メスメリック リップスティック 21 ¥3800/カネボウ化粧品


【POINT】

目尻は下げ気味にスッと引き抜くImage title

アウトラインは、目尻1/3のみ。3のライナーで目の形の延長をイメージし、目尻から2〜3mm出るように、スッと引き抜く。


上唇はオーバーに、口角はきちんとImage title

アウトラインは、目尻1/3のみ。3のライナーで目の形の延長をイメージし、目尻から2〜3mm出るように、スッと引き抜く。


MAQUIA10月号

撮影/菊地泰久〈vale〉 魚地武大(物) ヘア&メイク/朝日光輝〈air〉(吉田さん) スタイリスト/石田 綾 モデル/吉田夏海 取材・文/谷口絵美 構成/若菜遊子(MAQUIA)


【MAQUIA10月号☆好評発売中】

≪’関連リンクはこちら≫

★さらっとつけこなして、男性を惹きつける♡ 【色気カラー、ブラウンレッドのメイク術】≫≫


★ミステリアスな女に見せるメイク術☆ 【秋色代表、ボルドーやパープルはツヤ仕込み&なじませ技が肝心】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share