束感が出るようにカットしたレイヤースタイルに、ゆるく抜け感のあるウェーブがマッチするスタイル。ラフに乾かして、セミウエットにスタイリングすることでフェミニンクールな印象に。パサパサになりがちな40代-50代の髪質でも、パーマの前処理剤をしっかりオーダーすることで、パサつきを解消。時間をかけた前処理とデジタルパーマで、見違える髪へ。大事なのは余裕を持ったスケジュールで美容院を訪れること。


 

ZACC1_front

HOW TO MAKE


前上がりのローレイヤーベースに、アゴ下3センチから流れるようにレイヤーを。束間が出るように量感調整して、ランダムにパーマをかけます。

デジタルパーマでパーマをかける事で、パサつきを、抑え、うねりを活かす事が出来ます。デジタルパーマでパサさつきを抑え、質感も艶っぽく。パーマでふんわりボリュームが、出る事で若々しい印象に仕上がります。大事なのは、しっかりと艶感を出してくれる前処理剤をオーダーすること。

色はグラデーションが効いた、ゴールドベージュに。アルカリ性が強めのグレーカラーや、ブリーチなど、髪の毛のコンディションの詳細を、しっかり伝えて。

  • ZACC1_side
  • ZACC1_back

STYLING(所要時間5分)


しっかりとタオルドライして、根元中心に乾かします。毛先に少し水分が、残っているくらいでオイルをつけて質感調整を。

このヘアを担当してくれたのは……佐野みづほさん(ZACC raffine )
撮影/ZACC 構成・文/木崎ミドリ
http://www.zacc.co.jp




最終更新日:

share