最近では馴染みのあるキーワードになった「グランピング」。グラマラスとキャンピングが合体した造語ですが、準備をすべてしてくれて自然を楽しめるなんて、大人の女性にぴったりですよね。なかでもラグジュアリー度が高いと人気の「星のや富士」へ、とっておきのアウトドアを体験しに出かけてきました。

Image title

バスタ新宿から河口湖へ向けてハイウェイバスへ乗り込み、約2時間で富士山と河口湖を望む「星のや富士」に到着。まず立ち寄ることになるのは国道沿いのレセプション。

Image title

Image title

レセプションの壁一面にかけられた色とりどりのバッグから好きなバッグを選ぶと、中にグランピングの必須アイテムを入れてもらえます。中にはブランケット、ヘッドライト、マット&ピロー、双眼鏡、エリアマップ、お土産として持ち帰れるタンブラーとお菓子が。チェックイン時にはスタッフが、年齢、性別、季節など、その時のお客様にぴったりのアクティビティをおすすめしてくれます。スタッフはアウトドア経験豊富な「グランピングマスター」と呼ばれ、ゲストのグランピング体験を全面サポートしてくれます。


Image title

Image title

キャビンと呼ばれる部屋にステイ
冬のテラスにはコタツも

山の斜面、森林に溶け込んだコンクリートでできた木目調の建築がキャビンと呼ばれる客室。ミニマルで近代的なお部屋の南側は大きな窓があり、河口湖が一望! テラスにはこの時季に嬉しいコタツを設置してあり、ぬくぬくしながら河口湖と山麓の冬の景色を眺められます。

Image title

写真は春夏のテラス。3月末まではこのソファ部分にコタツが設置されます。

Image title

外に出る際には、部屋に用意されたオリジナルコートを着るのがおすすめ。着心地がよく、ゆったりサイズだから自分のコートの上から着ても大丈夫。最強の防寒具になっています。


森の中のクラウドテラスで過ごす
贅沢なぬくもり時間

冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_1

グランピングゾーンは「クラウドテラス」と呼ばれ、丘陵地の斜面に沿って何層にも折り重なるようにテラスが設置されています。冬の時季には屋外ストーブや電気毛布が随所に用意されているので、寒さに凍える心配はありません。敷地内にいるグランピングマスターに声をかければ、今できるアクティビティや森や自然のことを教えてくれます。

冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_2

コタツが並ぶ「木漏れ日デッキ」、20~22時には木立の間にスクリーンが設置されて無声映画が流れ、アイリッシュコーヒーを片手にボードゲームが楽しめる大人な社交場「冬の森ごもりラウンジ(~3月15日までの期間限定)」に早変わり。

冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_3

アウトドアの醍醐味ともいえる焚き火がともる「焚き火ラウンジ」。グランピングマスターが常に薪をくべているので、朝から夜までずっと、炎が心地よい音を立てています。そしてそばには、お菓子が用意されていてマシュマロを焼いて食べることも。

冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_4

「ライブラリーカフェ」では、セルフサービスでドリンクとお菓子をいただきながら、ゆっくり過ごせます。本物の暖炉がいい香りですごく暖かい。本棚には、小説や絵本、グランピングにより興味がわく周辺の自然についての本などが並でいます。

冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_5

クラウドテラス内でのお楽しみはまだまだありますよ!
15時~16時30分の間は、焚き火ラウンジのそばでホットチョコレートがいただけます。ビターチョコかホワイトチョコのどちらかを選んだら、トッピングは約10種からお好みを。写真はオレンジピールとクローブ。9時~、15時30分~の各30分の間には、薪割り体験も。


冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_6
冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_7
冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_8
冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_9
冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_1_10

Image title

たくさん食べても健康美に近づける
「山麓の鹿しゃぶ鍋」

夕食には、3月15日までの期間限定でいただける「山麓の鹿しゃぶ鍋」を。冬のジビエ食材は、星のや富士周辺でも増えているという野生の鹿で、臭みがなくさっぱりしたお味。低カロリー高タンパクに加えて鉄分やビタミンB2豊富なので、美容を気にする女性にはとくにおすすめ。3種のタレと地元の野菜、デザートにはほうじ茶プディングと、たくさん食べても健康美に近づけそうな冬限定のコースメニュー。キャビンテラスのコタツでぬくぬくと、冬の澄んだ空気を感じながらいただきます。


Image title

Image title

森にぼんやり浮かぶ夜のグランピング
「星降る森の空中テント」

敷地内のグランピングエリアはたくさんのキャンドルで幻想的な森に姿を変える夜。「星降る夜の空中テント」アクティビティは、グランピングエリアの中でも山の傾斜のいちばん高く静かなところ、キャンドルと小さな暖炉が設置された小さなスペースで。案内してくれたスタッフはこのエリアを離れるので、ドリンク追加などの連絡は腕時計型トランシーバーを使用。フルーツやお菓子、暖炉の上にはホットチョコレート、スパイスが効いたホットワインと、冬のグランピングならではのアイテムがずらりと並びます。このラウンジエリアの頭上が空中テントになっていて、はしごで登ると大人二人が寝転がれるスペース。テントの壁はシースルーで、木立の間から絵に描いたような満天の星空が!


まだまだある
「星のや富士」の楽しみかた

冬ならではのアクティビティは次のページで≫≫
コチラをクリック≫≫

チェックアウト前の午前中はのんびり過ごしてもいいけど、体力があるなら時間限定のアクティビティも体験したいところ。富士山麓ならではの絶景に出会える2つのアクティビティをご紹介します。Image title

最高に美しい水上散歩
「湖上の早朝カヌー体験

澄んだ空気の中で富士山と河口湖を満喫するために、早起きして「湖上の早朝カヌー」体験へ。人生で初めての“逆さ富士”は、パーフェクトと言っていいくらいの気象条件の下で見られました。この景色を見に行くならやはり、冬の間ですね。

Image title

朝食はフォトジェニックな
「森の朝食 ブレッドボウル」

フランスパンをくり抜いてシチューを注ぎ、炭火でじっくりあたためて……自分で作る体験型メニューですが、そこは“グランピング”、スタッフが準備&レクチャーしてくれるので、まさにおいしいとこどり。アウトドアで面倒な準備や片付けに戸惑うことはありません。料理が完成する頃、「焚き火ラウンジ」では「森の珈琲店」がオープン。アウトドア専用の豆で淹れた珈琲を受け取り、出来上がった料理と一緒にいただけます。


女性を美しくする!?
冬の森の楽しさが満喫できるプランに注目

冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_2_1

3月15日までの期間限定で、「冬の森グランピングリトリート」プランが開催中。このプランのメインとなるプログラムは富士山麓の森の中でのトレッキングです。針葉樹林で構成される冬の森には、いいことがたくさん。まず、「フィトンチッド」と呼ばれる成分が自律神経を安定・リラックスさせてくれる。そして、木々に囲まれているから紫外線量が少なく、適度な湿気と温かみを感じる空気が漂っています。

冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_2_2

トレッキングから戻ると、スタッフのレクチャーを受けながらキャビンで蜜蝋のハンドクリーム作りに挑戦できます。蜂が巣作りのときに作り出す自然由来のワックスに、富士北麓で採れたラベンダーなどのエッセンシャルオイルをブレンド。

冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_2_3

キャビンの浴室は、自分だけの“ハーブサウナ”に変身。シラカバやラベンダーの香りのミストを充満させて、ゆっくり冬の夜を楽しめます。

冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_2_4
冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_2_5
冬のアウトドアを優雅に楽しむ!「星のや富士」で体験する冬のグランピング_2_6


DATA : 星のや富士

ADDRESS:山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
TEL:0570-073-066(星のや総合予約)

料金:1室1泊¥45,000~(税・サ・食事別)

「冬の森グランピングリトリート」プラン
~2018年3月15日
料金:¥28,000/1名(税・サ、宿泊代別)


星のや富士の公式HPを見る≫≫

人気ブランドの新作コスメから巷で話題の美容ネタまで、マキアオンライン編集部のスタッフが入手したホットな情報を随時お知らせ。その他、編集部からこっそりお得なニュースもある……かも?

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share