satsukiです!


 


完全なる夏到来してきましたが、皆さんいかがお過ごしですか。


私はもうすでにパワー半減、ぐったりしているのですが、何とかやっています(笑)
さてさて、今日ご紹介したいアイテムは、夏にぴったりのひんやり系アイテム。
ひんやり系のボディソープやシャンプー、スキンケアアイテムは夏になるとちらほら出てきますが、


私が今回ご紹介するのはデリケートゾーン用のソープ。



最近ではボディソープとは別にデリケートゾーン用のソープも充実してきて、
使っている方もわりと多いと思うのですが、今回ご紹介するアルジタルのデリケートハイジーンソープはそんなデリケートゾーン用のソープの中でもかなり人気のアイテムではないでしょうか。
私が何軒か回った感じでも、売り切れているお店が多々あり、今回購入したのも最後の1本でした。

【夏のひんやり爽快アイテム】アルジタル デリケートハイジーンソープ【第2の顔?!デリケートゾーンケアレビュー】
_1

アルジタル デリケートハイジーンソープ 250mL/ 2,860円

デリケートゾーンケアの先進国でもあるイタリア。
ホテルのアメニティにまでデリケートゾーン用のソープが置かれているようです。
やはりそんな先進国のアイテムだからなのか、正直今まで使ったデリケートゾーン用ソープの中で私は一番衝撃を受けた1本。



そもそも何でボディとデリケートゾーンでソープを分けるかというところからなんですが、


影に隠れている部分だからこそ菌の繁殖も多く、菌の侵入を防ぐために顔やボディよりも酸性な状態になっています。
体のコンディションでpHバランスが崩れると、自浄作用が低下しトラブルを引き起こすことも。
また物質が肌から体内に吸収される経皮吸収率も体のほかのパーツに比べ、かなり高いということも研究で発表もされています。
体にとってよくないものも吸収しやすいということで、よく生理用ナプキンについてもナチュラルなものの方がいいとされるのはそういうことですよね。
(とはいえ、私はまだそのナプキン事情に関しては少し頑固で、気に入っているものが普通にドラッグストアで売っているものだったりするので、なかなか布ナプキンやショーツ、カップにはまだチャレンジしておらず。うーん。


ということで、おまたから体内もケアしましょうというのがソープを分ける大まかな理由だったりするわけです。



このデリケートハイジーンソープは保湿効果のあるグリーンクレイを配合していて、肌の潤いを保ちつつトラブルを防いでくれるもの。

【夏のひんやり爽快アイテム】アルジタル デリケートハイジーンソープ【第2の顔?!デリケートゾーンケアレビュー】
_2

少しとろみのある液体でゆるゆるとした優しい泡立ち。
香りも特に強い何かの香りというのが付いているわけではなく、ナチュラルな植物の香りがする程度なので匂いがこもりやすい部分だからこその程よい香り方をしてくれます。


それでね、一体何がすごくいいかというと、洗った後の爽快感なんですよ。
泡立てて優しく洗浄。その時点ではあまり感じないのですが、洗い流した後、「お?」
・・・スースーするんです。
風が通り抜けたかのような爽快感なんですよ・・・
そのスースーが絶妙で。例えるなら冷え冷え系の汗拭きシートで体を吹いたときみたいな
がつん系スースーではなく、風が吹いてますみたいな心地のいいスースー感。
ムレが気になる場所だからこそ、このスースー感は体感してもらいたいです!
特にこの暑い季節の間は単純にスースーアイテム使うだけでバスタイムも爽快な感じがするので、
デリケートゾーン洗うのが楽しみになっているぐらい。




私がデリケートゾーン用のソープを使い始めたのは約10年前ぐらい。
当時は全然店舗にもなくて、身近ではなかったけれど、何かのきっかけで、見えないところのケア大好きな私としては手を出したのでしょう(笑)
特にランジェリーが大好きということもあって、「見えない部分をきれいにしておく」という共通点もあったのかもしれないです。
見えないところをきれいにしているよ、というのが自分の中では何となく自信になったり、気持ちとして高まったりすることもあるので、そんな感覚で使い始めてみるのもありかも。
あと単純に暑い季節にぴったりのスースーアイテムなので、ぜひリフレッシュ的な感じで取り入れてみてくださいー!




satsuki

Instagramも更新中!

Instagram

ARGITAL/アルジタル公式サイト

チーム★マキア/インナービューティ

satsuki

5年目/乾燥肌/イエローベース

洒落感な雰囲気にファン多数

本人のビジュアル、写真、メイクの全てにおいて“洒落感”が光る人気ブロガー。香水・ネイルネタにも明るい。

share