先日行われたCHICCA(キッカ)の夏の新作”SUMMER COAST”体験会に行ってまいりました!

写真が多めで長めですが最後まで読んで頂けたら嬉しいです😊

Image title

今回はブランドクリエイターの吉川康雄さん直伝のベースメイク、メイクアップ術についてと

夏の新作のスウォッチと可愛さ、イベントの模様をお伝えしていきます♡


CHICCAが大好きすぎて前日からもうドキドキわくわくしっぱなしでした!

個人的に吉川さんの著書も読んでいるので直接メイクのコツを聞けるという事で遠足前の小学生みたいなテンションに😂笑


Image title

会場入り口には可愛いディスプレイが♡

CHICCAは今年で10周年。フランクミュラーとコラボを展開したコスメが話題になっていますよね!


Image title

これから発売になるアイテムもお試しできました!

画像右手前のフェイスパウダーは、ラディアントヌード プレストパウダー。

こちらは限定品ですが、既存のパウダーもとても優秀です。

サラサラとしていて微粒子。すべすべだけどツヤを消さずに美肌に仕上げてくれます。

Image title

のちにご紹介するこちらも限定のアイシャドウは、ミスティック パウダーアイシャドウ。

とても夏らしくキラキラが可愛いパレットでした。


10周年という事もあってロゴがプリントされたプレートチョコが乗ったスイーツや

夏らしくさっぱりと爽やかなフルーツたっぷりのゼリー、チョコレートも美味しかったです♡

Image title

さて今回の夏コレクションですが、テーマは”SUMMER COAST”


コスタリカで撮影されたそうなのですが、おしゃれな女の子が好きそうな色を今回は多めにチョイスしたのだそう。

夏らしくて爽やかだけれどキラキラとしていてとても煌きが綺麗なアイテムが多いです。

テーブルにも可愛くディスプレイされた今回の新作アイテムが。

Image title

キッカの新作はいつも欠かさずチェックしていますが、

どれもラメ感がいつもよりキラキラしているなぁ✨という印象でした。


メインビジュアルのモデルさんもちょっとしたそばかすをあえて隠さずに残している、そこがCHICCAのブランドテーマであり一番大切な事なのだと吉川さんが仰られてました。


ちょっとした肌の荒れや粗、シミやそばかすもあえて隠しすぎずにありのままでいる事が大事。

隠しすぎてしまうと生肌感が隠れてしまい、ファンデーションをべったりと塗ってコンシーラーを使ったりして

全部消してしまうと仮面のような顔になってしまって、どこか不自然さが生まれてしまう

Image title

メイクのポイントはアイメイクだけれども素肌を活かすのが大切、とのこと。


均一なツヤ、自然さ、透明感を大事にしているけれども

では「透明感」とは何か?


そこで吉川さんがおっしゃっていたのが

「まるでファンデーションを塗っていないかのような仕上がり」

「例えば店頭などで試しに腕とかにつけた時に全然見えない、そういうファデーションが肌につけた時に一番自然な仕上がりになる」

と。聞いた時は「見えないファンデーション・・・?」ときっと皆さん思われるでしょうが

キッカのファンデーションを使えばわかります。


これちゃんと色が乗っているのかな?ついているの?と思っても仕上がると本当に素肌に近い美しい仕上がりに。


実際に吉川さんがモデルさんにメイクをしながら、会場では同時進行で一人一人お試し。

その模様、コツを次のページで詳しく!♡


まずCHICCAのスキンケアアイテム、メイクアップベースで肌を整えてからスタート。


ファンデの色選びに関してはフェイスラインではなくデコルテ部分で決めましょうという事でした。

顔〜首、デコルテまでが同じ色になるように整えると自然な仕上がりになります。

Image title

もちろん使ったのはキッカの大ヒットアイテムであり人気の

☑️「フローレスグロウ ソリッドファンデーション」

全8色 SPF43・PA+++

リフィル 5000円(税抜)
ケース 3000円(税抜
スポンジ 1000円(税抜)2個入り


これはとても固いオイルが含まれているので崩れません!と吉川さんも太鼓判を押していました。

私も以前から愛用していますが、毛穴が綺麗に隠れるしヨレないのでお化粧直しはほぼしません。


会場では一人一人にあったファンデーションの色を選んで頂き実践!

私は普段から使っている「NB-00」を合わせて頂きました。


実際に見てみると結構黄みや色が強いかな?と思うのですが

塗ってみると限りなく素肌に近くスッと溶け込むように馴染みます。

8色展開しているので、合う色が見つかりやすいファンデーションだと思います。


CHICCAは「チークまでがベースメイク」として考えてアイテムが作られています。


イベントで一緒に使わせて頂いた☑️「フローレスグロウ フラッシュブラッシュ」
も、内側から滲み出るような血色感、体温を演出するためにつくられたそう。

(リフィル3000円(税抜)、ケース2000円(税抜)、スポンジ1000円(税抜)2個入り)

この二つのアイテムを組み合わせて使って、薄い膜を覆ったかのような透明感のある肌

自然なぽわっとした生命感溢れるほっぺを作れました。

「チークまでがベースメイク」ということも、納得のでき!

Image title

どちらも同じ三角形の専用スポンジを使ってつけるのですが、写真のように大胆にこれぐらい!

中途半端にとってはダメです、これくらいつけるのがポイント。

(もっとつけても良かったかも)


満遍なくしっかりとつけて、ファンデーションは叩き込むというよりも

マッサージをするくらい軽やかに優しくポンポンとタッピングしながらつけていきます。

Image title

全ての部分において均一の力で優しく重ねていくことでカバー力も出ます。

塗り始めはついてる?と思ってもだんだんとツヤが出てくるのがわかります。


軽いくすみやもやっとしたシミなら隠れるくらいにカバー力があるのにとにかく自然!

素肌に近い!リキッドともパウダーとも、はたまたエマルジョンやクリームファンデとも違う。

唯一無二といっても良いくらいのファンデーションだと思います。


チークは会場の映像の端に出ていたイラストを真似て描いて見ました😅

伝わりづらかったらすみません。

Image title

頬の一番高いところを中心に放射状に広げてかなり広範囲につけていきます。

実際に吉川さんがもうこれくらい広範囲に大胆と!と

言うと会場がざわついて「えー!?」と声が上がるほど(笑)

ほうれい線のあたり、フェイスラインまで薄く広げていってもとにかく自然!の一言です。


慣れないうちは調節が難しいかもしれませんが、

ファンデーション同様軽く優しく乗せるとだんだんコツが分かってきます。

Image title

ハイライト無しでこのツヤです。鼻筋、頬の高いところに

きちんと自然なツヤが出ます。


どちらも普段から愛用しているものとはいえ、直接実演しているところを見ながら

慎重に丁寧に仕上げるといつもよりつやっと綺麗になりました。笑

とてもわかりやすく改めて勉強になることが沢山ありました。


次はポイントとなるアイメイク。

まず☑️「ニュアンスカラーリッド」を使っていきます。

Image title

単色でも使え、今回のようにアイシャドウベースとして使っても、

アイシャドウの上から乗せても使える万能アイテムです。

今回の限定アイテムは夏らしいヘルシーなカラーで既存色のものより発色もラメ感もしっかり出るなと感じました。

重ねて色をつけて右端のキラキラのラメを眉下辺りにのせてハイライトとして使ってもOKだそうです♡


次は大事なアイメイク!計算し尽くされアプリケーターにまでこだわりが感じられる

アイシャドウパレットのレポートは次ページ!

大事なアイメイク。今回の限定アイシャドウは特に左側のブルージェムが人気で

すでに無くなってしまっているみたいです。右側のエメラルドコーストはまだ残っているとこはあるかも・・・?

Image title上品なラメを瞼に乗せて自然さを保ちつつも華やかに見せてくれるのがキッカのアイシャドウ。


キッカのアイシャドウはシアーで、あまり発色しにくい・・・?と思う方もいるかと思いますが

ちょうどよく発色します。そして誰にでも綺麗なグラデーションが簡単に作れる計算し尽くされたコスメなのです。


重要なのが付属のブラシ。毛足の長いものと短いものですが、

パレットの左側のアイホールに広げるようなライトカラーに毛足の長いブラシを使います。

ブラシを垂直に立てて2色を混ぜながらくるくるとブラシを回しながら粉をたっぷり含ませます。


そして右側のシェーディングカラーには毛足の短いブラシを。

こちらも粉を含ませて、ミドルカラーの丸型の締め色を

それぞれワイパーのように左右に動かしながら塗るだけで綺麗なグラデーションに


そして下まぶたには透明感を出すように、そして夏らしいメイクになるように

ブルーカラー(またはグリーン)を涙袋にさっと入れるとキラキラの目元になります。

Image title

こんな感じで結構パープルっぽくまとまりました。

淡く透明感のある仕上がりでとっても可愛いです!

買えば良かった・・・😭


そしてもう一点ご紹介したいのが☑️「リキッドアイライナーW」

4500円(税抜)、リフィルは1800円(税抜)です。


ダブルエンドのアイライナーは極細筆と普通の筆で分かれていて

極細筆の方は今日本で一番細いアイライナーなのだとか・・・!

Image title

このものすごく細くコシのある筆でまつげの生え際を綺麗に少しずつ埋めて描いていき

跳ね上げたラインがとっても可愛かった♡

こちらも実際にやって見ましたが、これが一番難しい・・・!


これも拙いイラストにしてみましたが伝わるかなぁ、、

跳ね上げたラインの外枠をまず極細筆で形作ってから、中の三角ゾーンを塗り潰すイメージです。

Image title

遊び心もありつつ自然さは崩さない。

アイライナーも肌や目に馴染ませるというコンセプトはキッカのテーマそのものですね!


ラストは今回のコレクションで新色として発売された2色の

☑️メスメリックリップスティック

3800円(税抜)

41 レッドブルーベリーと 40 ローズアンドラブ

Image title

どちらも可愛くて素敵な夏らしいカラーです。

メスメリックリップはあえての2/5発色という

自分の素の唇を活かしつつ、透明感のある魅力的な唇に仕上げてくれるシアーなとろけるリップです。

保湿力も抜群で、ツヤも十分に出て発色も絶妙。

元からこんな唇の色でしたよーと見せてくれるような自然さ。


このキッカの自然さや自分の元の素材を活かすというコンセプトはどのアイテムを使ってもブレません。

透明感や自然なメイクが好きな方には絶対にオススメのブランドです!


お土産はイベントで使ったソリッドファンデーションとウェットリップオイルの新色

クロコダイルロージーを頂きました。10周年記念のクリアファイルと可愛いトートまで!♡

Image title

クロコダイルロージーすっごく可愛いです♡

このキラッキラのゴールドやオレンジ、ピンクなどの多色ラメが本当に綺麗✨

Image title

☑️クロコダイルロージー(新色)
3200円

水紅と呼びたくなる程に潤うリップオイル。

ベタつきがなくサラサラで、唇も保湿してくれて上品なツヤを出してくれるアイテムでお気に入りです!

グロスのベタつきが苦手という方にもつけやすくおすすめしたいです。
Image title
スウォッチは左からメスメリックリップスティックの

28プラムネクター、リップ+リップオイル、リップオイルのみ。


ラメたっぷりですごいですよね。そして少しブラウンがかっているので

重ねると深みも出てリップのニュアンスチェンジも楽しめます。


内容盛りだくさんのイベントでとっても楽しかったです!

何よりブランドクリエイターである吉川康雄さんのメイク術を間近で見られて本当に嬉しかったですし勉強になりました。

Image title

長くなりましたがここまで読んで頂いてありがとうございました!

アイシャドウについては動画をつけてインスタに少し補足をしてアップしたいと思います。


→ http://www.instagram.com/lilil52/

チーム★マキア/メイク

りょう OG

4年目/乾燥肌/ブルーベース

リップは毎日“着替える”リップラバー

「リップは毎日気分や服に合わせて変えたい」がモットー。またリップが映えるための365日UV対策も欠かさない。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share