マキア公式ブロガーのMisatoです。

こんばんは⭐︎


先月のことですが、クラランスのイベントに行ってみました。
Image title

シンガポールに来てすぐに、ショッピングモールでクラランスのイベントに遭遇しましたが、またもやクラランス。笑。
Image title

事前に入場登録をしていたので、ドキドキしながらスマホを見せて入場。

ちょっとしたゲームをしたり、クレンジングの説明を受けたり、コンフォート リップオイルのタッチアップ等。

クレンジングのトライアルキットを購入してみたら、沢山サンプルをいただきました。

Image title

そして、最後はこのブース。
Image title

"HEY TEA"がいただけるスタンド。
中国で人気のティーショップチェーン。
Image title

"Strawberry Cheezo"という、チーズクリームが乗ったドリンクを。

コラボスリーブが可愛い。

イベントの会場はこんな感じ(↓)で、期間限定なのに、しっかりとしたクラランスのお家がありました。

Image title

ずっとここにあるかのような雰囲気。笑。

Image title

連日盛況のようで、時々前を通るといつも列が出来ていました。

慣れない英語であたふたしながら楽しんだコスメイベント。

シンガポールでもコスメ好きな女性は沢山いるんだな、と実感。


という訳で、シンガポールのコスメ事情はどんな感じ?を次ページにてご紹介》》》

クラランスのイベント会場になったオーチャードという場所は、日本の銀座のような場所でブランドショップがズラリ。
Image title

近代的な建物が立ち並ぶ一方、緑がいっぱいあります。
Image title

ちょっと前はランコムのイベントが行われていました。
Image title

なので、オーチャードのデパートには日本のデパコスブランドはだいたい入っています。

個人的に無くて残念なのは、スックやアンプリチュード、セルヴォーク、シロ等。

スリーはあるのですが、何故かネイルが置いていないとか。

(ネイルはサロンで、という文化なのかな・・と勝手に解釈。もしくは輸入で規制があるのか・・日本のプチプラブランドもありますが、ネイルは無いんです。悲。)

でも、日本に無くてシンガポールで楽しめるブランドもいくつかあります。

韓国ブランドも良く見掛けますし、アーユルヴェーダの石鹸がリーズナブルに買えたり、コスメを見ても多民族国家に居るんだな〜と思います。

後はセフォラがあるのが大きいです。

セフォラはちょこちょこ見ていて、見るだけでも楽しい!

ポイントアップ期間にお買い物してみたり。

シンガポールは物価が高めなので、日本より高いと躊躇してしまいますが、物によってはお得な物もあります。

今しか出来ないことを楽しみたいと思っています。


Instagram⇒

Image title


MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share